• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 国際医学技術専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 中嶋 桜子さん(作業療法学科/作業療法士)

急性期から回復期まで様々な患者様を担当しています

先輩の仕事紹介

知れば知る程、奥が深い世界。「ありがとう」の言葉や笑顔が力になります

作業療法士
作業療法学科/2016年3月卒
中嶋 桜子さん

この仕事の魅力・やりがい

誰にとっても「これがしたい」という気持ちは明日を生きる希望。例えば「運転がしたい」「仕事に復帰したい」「孫の結婚式に出席したい」「歩けるようになりたい」などの希望を叶えるためのサポートができ「ありがとう」と涙を流して喜んでいただけた時、微力ながらも力になれてよかったとやりがいを感じます。現在勤務している病院には、急性期の方から回復期の方までいらっしゃるのでとても勉強になります。一方、治らない病気の方ももちろんいらっしゃるので自分の無力さを感じることもありますが、患者様から“1日1日を大切に生きることの意味”を教えていただきながら、作業療法士として充実した毎日を過ごしています。

学校で学んだこと・学生時代

入学前は勉強についていけるか不安でしたが、知識がスムーズに身につけられる順序だったカリキュラムで勉強できたため、学校の授業に集中することで自然と専門知識を修得できました。また、1年生から見学実習もあり2つの病院で作業療法士の仕事を見学できました。さらに、2・3年次の豊富な実習でも臨床の現場を体験。小児科の病院やリハビリ専門病院、大学病院などで、多くのことを学べました。国家試験対策では、グループワークで各自が調べたことをお互いに教えあったり、みんなで絵を描いて紙芝居のように覚えたりしました。一人で黙々と覚えるということではなくみんなで協力しあいながら覚えられたことで、国家試験にも合格できました。

多くの実習で経験したことが今でも役に立っています

これからかなえたい夢・目標

現在は10名前後のリハビリを担当していますが、脳梗塞や脳出血などで脳に障害が残ってしまった方の社会復帰をサポートさせていただくケースが多いです。そのため「脳血管障害」を研究テーマとして、学会での発表などにも挑戦しています。特に高齢者の方の逆走運転や、認知症の方がアクセルとブレーキを踏み間違ってしまうなど、社会問題としても大きく注目されている自動車運転についての研究を深め、その手助けになる仕事をしていきたいです。作業療法士の世界は、知れば知る程、奥が深い世界。今は各地の病院で頑張っている同級生に負けないように経験を積みたいです。そして将来は同級生と一緒に働けたら最高だと思います。

脳血管障害を研究テーマとして知識を深めたいです

中嶋 桜子さん

総合大雄会病院 リハビリテーション科勤務/作業療法学科/2016年3月卒/高校卒業後臨床心理士を目指して大学へ進学。祖母が骨折して入院した際リハビリを見学したことで作業療法士の仕事に興味を持つ。今まで勉強していた心理も活かせ、身体のことも支えられる仕事に魅力を感じ、作業療法士を目指すことを決意。現役世代だけでなく大学卒業後に入学する人や40代の主婦の方など幅広い経験を持った意欲的な学生が多いこと。また、通学しやすい立地やリーズナブルな学費などが決め手となり、大学卒業後、国際医学技術専門学校へ入学する。3年間で作業療法士の国家資格を取得し、卒業後、総合大雄会病院リハビリテーション科で作業療法士として働く。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

国際医学技術専門学校(専修学校/愛知)