• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 国際医学技術専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 前田 徳廣先生(作業療法学)

こんな先生・教授から学べます

難しいことを面白く例えて、覚えやすく教えてくれる先生

作業療法学
作業療法学科 
前田 徳廣先生
先生の取組み内容

人が人生を豊かに生きていくには、必ず目標や夢が必要です。障がいにより、その目標や夢を叶えることができなくなってしまった方が、少しでも幸せな人生を過ごせるように支援させていただくのが作業療法士の仕事。そのためには、病める人の心を考え、どのような困難(障がい)を軽くしたら良いか、また、やる気を引き出せるかを常に考えることが大切です。私が作業療法士になって3年目の頃、カメラが趣味の患者さんに出会いました。身体の片側に麻痺が残ったこの方に、片手でも撮影ができる自助具を作り訓練を続けたところ、外出頻度が増え、気持ちまで前向きになったということがありました。人の人生に関わる仕事だということを実感でき、今でも深く心に残っています。作業療法士は、身体を治すだけではなく心にも寄り添えるやりがいのある仕事です。

困っている人を気にかけられる人、時間管理ができる人、笑顔を絶やさない人がこの仕事に向いています

授業・ゼミの雰囲気

学生が興味・関心を持つような“面白い例え話”を使って、難しいことを覚えやすく工夫

「作業療法士の勉強は難しいことが多いです。覚えることもたくさんあります」と前田先生。授業を行う上で日頃から心がけていることはなんですか?という質問に「難しいことを面白く例えること。たくさん覚えなくてはならないことを覚えやすく伝えること」と答えてくれた。また学生と“心の距離”が遠くならないよう、親しみやすい雰囲気作りも大切にしている。「悩みを気軽に相談できたり、質問しやすいよう、私自身が笑顔でいることも重要です」と語る。学生のモチベーションを維持する工夫を凝らした授業には、活気と笑顔が溢れている。

検査測定論、日常生活活動学、運動学などを担当する前田先生。いつも穏やかに優しく学生の質問に答える

キミへのメッセージ

私たち教員が、皆さんの夢を叶えるために心に寄り添う教育を実践しています

人は誰もが支えあって生きています。作業療法士は医療と福祉、そして皆さん一人ひとりの「誰かの役に立ちたい」という想いをベースに患者さんの人生を幸せにする素敵な仕事です。一緒に頑張りましょう。

重症心身障がい児のデイケアサービスで、現役の作業療法士としても活躍中

前田 徳廣先生

専門/作業療法学
1994年東名古屋病院附属リハビリテーション学院を卒業後リハビリテーション病院で約10年間勤務。途中、社会福祉法制度の知識も必要であると考え、日本福祉大学で社会福祉を学ぶ。開学時(2003年)より同学に入職。学生を指導する傍ら、作業療法をより科学的に分析したいと考え、2008年、名古屋大学大学院医学研究科にてリハビリテーション療法学を専攻し、修了(リハビリテーション療法学修士)。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

国際医学技術専門学校(専修学校/愛知)