• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 国際文化理容美容専門学校渋谷校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 南波 裕樹さん(美容科(昼間課程)/美容師)

お客様との会話の中から、成長のヒントを得ることも

先輩の仕事紹介

毎日の仕事のなかで発見や成長がある。お客様に信頼されるスタイリストになりたい!

美容師
美容科/2016年3月卒
南波 裕樹さん

この仕事の魅力・やりがい

Of HAIR表参道店で美容師として働いています。シャンプー、カット、スタイリング、カラー、パーマなど、一通りの仕事を担当していますが、当サロンはヘッドスパやヘアケアにも力を入れており、ヘッドスパを行う機会が数多くあります。この仕事のやりがいは、何といっても自分の技術でお客様を輝かせることができること。日々たくさんの出会いがあり、お客様から様々なことを教えていただき、それが自分の成長につながることも、この仕事ならではだと思います。大変なことも多々ありますが、日々の努力が着実に自分の糧になっていると感じます。早くスタイリストに昇格して、たくさんのお客様にご指名をいただけるようになりたいです!

この分野・仕事を選んだきっかけ

両親ともに美容師で、サロンを経営しています。小学校からの帰り道はまずサロンに寄って、親の仕事が終わると一緒に帰宅という毎日を送っていました。いつも楽しそうに仕事をする両親を見るうちに、いつしか自分も美容師の仕事に憧れるようになりました。国際文化を選んだのは、渋谷という最先端の場所にあったことが大きいです。また、両親の「自分も国際文化理容美容で勉強したかったなあ」という一言も決め手のひとつ。両親は地方出身で、地元の美容専門学校で学んだのですが、もし東京で学べたら国際文化に行きたかったとのこと。それだけ昔から有名で実績もある学校なら、しっかり技術が身に付くのではないか、と安心して入学を決めました。

ヘッドスパに自信あり!癒しの時間を提供します

学校で学んだこと・学生時代

国際文化は学びの幅がとても広く、国家試験対策や美容師としての知識・技術の習得はもちろん、マナーの授業も充実していました。また、選択授業や課外授業が多く、興味のあることにはどんどんチャレンジできます。なかでも役立ったのは、外部美容師(講師)によるカットやカラーの選択授業。現在の勤務先であるOf HAIRとのつながりもあり、サロンの美容師による特別授業も受講しました。外部コンテストに参加できる機会もたくさんありました。学生時代に学ぶ技術は基礎的なものが多く、プロとして通用する技術はサロンに入ってから身に付けるものがほとんどですが、学生時代の幅広い学びが、自分の視野を大きく広げてくれたと思います。

ヘアケア製品についてお客様にご説明をすることも

南波 裕樹さん

Of HAIR表参道店 勤務/美容科/2016年3月卒/国際文化理容美容専門学校渋谷校を卒業後、株式会社オブに入社。同社には同じ国際文化の卒業生も多数在籍しているんだそう。「とても華やかに見える業界ですが、実際は体育会系。体力的にも鍛えられますよ」と笑う。アシスタント時代は、いくつかの店舗をまわって研鑽を重ね、4年目となる現在は「ケアスタイリスト」として表参道店に勤務する。「数年内にはスタイリストに昇格する予定です。お客様に信頼され、ヘアのこと以外も気軽にご相談いただけるスタイリストになりたいですね」と目標を語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

国際文化理容美容専門学校渋谷校(専修学校/東京)