• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 阪和鳳自動車工業専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 内藤 剛さん(自動車整備専門科/自動車整備士)

大阪府認可/専修学校/国土交通大臣指定/大阪

ハンワオオトリジドウシャコウギョウセンモンガッコウ

車はお客様の財産。細心の注意を払って丁寧に扱います。この人に任せば安心と言ってもらえる整備士になりたいです。

先輩の仕事紹介

車の進化にともなって勉強は続きますが、誠心誠意な整備を継続していきたいです

自動車整備士
自動車整備専門科 卒/2007年卒
内藤 剛さん

この仕事の魅力・やりがい

すでに一級自動車整備士資格を取得していますが、この仕事は常に勉強が必要です。例えば衝突を回避するためのシステム更新や、エンジンやフレームも車の進化とともに次々に新しいものが出てきます。それでも苦に感じないのは、やはり自分は車が好きだからだと思います。不調を感じてお越しになったお客様に問診した上で、不具合の現象を確認しながら原因を探るのですが、原因が分かったときはとても嬉しいですね。もちろん直した車をお返しする際、お客様に喜んでいただけるのはもっと嬉しいです。趣味の延長と言いますか、好きなことが仕事になっていて、なおかつ感謝していただける。この仕事をずっと続けたいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小さいころから漠然と体を動かす仕事がいいなと思っていました。転機となったのは、高校時代のアルバイトです。ガソリンスタンドでバイトをしたのですが、そこにアメリカの大型バイクに乗っている人がいました。その人の影響で自分もバイク好きになり、まもなく車にのめり込みました。車に携わることができ、体を動かす仕事といえば、真っ先に思いつくのは自動車整備士ですよね。自分の性格にピッタリで、他の仕事は考えなかったです。進学先として阪和鳳自動車工業専門学校を選んだのは、二輪も四輪も学べることと、国内全メーカーの車に対応していたから。就職の選択肢をできるだけ広くしておきたかったからです。

資格に関してはほぼ全て取りました。次の目標は、店舗のサービス全般を任せられるリーダーになることでしょうか。

これからかなえたい夢・目標

2年に1度、トヨタ系列の全国の整備士を対象にした技術コンクールが開催されます。3年前、会社を代表する参加メンバーのひとりに選ばれ、研修を経て大会に挑みました。結果は、近畿エリアで優勝。当社は以前から強豪と目されているので、プレッシャーを感じると同時に、最低限の成績を収めることができ安堵しました。これからも、一つひとつの作業を丁寧にこなしていきたいと思います。トヨタのディーラーとして、お客様が私たちに求めるレベルは高いと思います。不具合箇所を直すだけでなく、お客様が気付かなかった箇所も良くして車をお返ししたい。つまり、誠心誠意な整備を継続していきたいです。

見てもらったら分かると思いますが、今は整備をしてもあまり服が汚れないのです。この仕事を目指す人がもっと増えてほしいですね。

内藤 剛さん

大阪トヨタ自動車株式会社 サンテラス和泉中央 勤務/自動車整備専門科 卒/2007年卒/高校生の時、オートバイを皮切りに車にのめり込む。興味を持ったことはすぐに実行するタイプで、16才で二輪の運転免許を、18才で四輪の運転免許を取得する。そして、阪和鳳自動車工業専門学校に進学。最初は実習で部品を傷付けるなど失敗もあったが、くる日もくる日も自動車を触ることにより自信をつけていったという。大阪トヨタ自動車株式会社で働く現在は、整備士として日々の業務をこなしつつ、若手の指導やフォローにも余念がない。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

阪和鳳自動車工業専門学校(専修学校/大阪)