• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 北海道どうぶつ・医療専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 運上 莉歩さん(ペット学科 トリマー専攻/トリマー)

飼い主さまの喜ぶ顔を見るとやる気が湧いてきます!

先輩の仕事紹介

さまざまな種類の学内犬・猫と触れ合う「生きた学習」経験が、実践でも役立っています

トリマー
ペット学科 トリマー専攻/2015年3月卒
運上 莉歩さん

この仕事の魅力・やりがい

トリミングできれいになったワンちゃんを見たときの、飼い主さまの嬉しそうな笑顔がトリマーとしてのやりがいの第一です。トリマーだからこそ分かる、ワンちゃんたちのちょっとした変化や体の異常にいち早く気付き、健康面でサポートしてあげたり、子犬からトリミングしているワンちゃんが成犬になるまでの過程を見守れるのもこの仕事の魅力だと思います。また、会社で毎週30~60頭の子犬や子猫をブリーダーさんからお預かりして、お世話もしています。慣れるまでは大変でしたが、さまざまな種類の犬・猫を見ることで、性格や特徴の違いが分かりとても勉強になります。これは、ほかの店では経験できないことですね。

学校で学んだこと・学生時代

学内犬や学内猫のお世話を通して、ケージの清掃や使用タオルの洗濯の仕方、消毒の大切さなどを学ぶことができたのも、今の仕事にとても役立っています。トリミング実習も週に4回あり、さまざまな犬種とたくさんの頭数のトリミングを経験することができました。さらに、実技だけでは分かりにくいカットの仕方や正しい手順、全体のバランスなどを座学で学べたことも、就職後に役に立ちました。授業では、ノートに犬種の異なるワンちゃんの絵を描いて、ハサミを入れる位置や向き、順番、必要なメモなどを細かく書き込むことで、より理解が深まりました。そのノートは今も大切にしていて、時々初心に返って見直しています。

ワンちゃんは定期的にカットして、キレイをキープ

この分野・仕事を選んだきっかけ

小さいころから動物が好きでしたが、自宅では何も飼っていなかったので、動物と触れ合う機会は多くありませんでした。高校3年生になった頃、進路を悩んでいたとき、毛が伸びて顔も見えないワンちゃんを、ハサミで素早くキレイにカットするトリマーの姿を動画で見て、「私もトリマーになって、こんな風にカットできるようになりたい!」と、トリマーという職業に強く興味を抱きました。そこで、専門学校への進学希望を両親に伝えたら、父が「トリマーを目指すのなら、犬を飼ったほうが勉強になるだろう」と提案してくれて、自宅でワンちゃんを飼うことに。この家族のサポートが、さらにトリマーの道への後押しになりました。

体に異常がないかチェックしながらシャンプーをします

運上 莉歩さん

ペットハウス パウ 東区本店/ペット学科 トリマー専攻/2015年3月卒/高校3年生のときにトリマーになることを決めた運上さんは、本校のオープンキャンパスに参加。「学校のアットホームな雰囲気も気に入りました。何より、私自身動物と触れ合う機会が少なかったので、トリマーを目指す上で、たくさんの犬や猫と触れ合える環境に魅力を感じたことが一番の決め手になりました」。会社ではワンちゃんのトリミングや送迎を担当。さらに、会社で毎週ブリーダーさんからお預かりする、30~60頭の子犬や子猫のお世話や体調管理も、大切な仕事の一つになっている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

北海道どうぶつ・医療専門学校(専修学校/北海道)