• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 札幌情報未来専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 平尾 良太さん(ITシステムエンジニア学科/インフラエンジニア)

様々な企業の方と共に働く機会が多く、多種多様な考え方や技術を学ぶことができています

先輩の仕事紹介

先輩方の技術を学びながら、いずれはプロジェクトのリーダーとして活躍できるエンジニアに!

インフラエンジニア
ITシステムエンジニア学科/2020年卒
平尾 良太さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

弊社は、企業の情報システム構築を請け負うシステムインテグレーション事業を行っており、私はお客様の業務環境を担うシステム全体の運用に必要なCPUやメモリ、各種機器などの選定と見積りをする業務を担当しています。自分が選定した機器が実際に導入され、その上にシステムが構築されて無事に稼働したときは、安心するとともに感動が得られ、やりがいを感じることができます。また、仕事をする上で、重要なのはコミュニケーション。情報や意識の共有をしっかり行わないと、関係者間で到達イメージのずれが発生し、トラブルの元になることも。同僚や関係者間で連携を取り、作るものと作る方法の共有を意識することが大事だと考えています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

子どもの頃から機械いじりが好きで、将来は漠然と機械に関わる仕事に就きたいと思っていました。明確に職種を意識したのは、高校3年の時にお世話になっていた方に「エンジニアが向いている」と言われて考えるようになったのがきっかけ。エンジニアについて調べるうち、この仕事に就いて働いていきたいと強く思い、札幌情報未来専門学校に入学しました。また、現在働いている会社を志望したのは、職場の雰囲気が決め手。長く働くことができるという点を重視していたため、就活時に関わった方の人柄、担当の方とのやり取りなどから自分にあった職場であるかを判断。人事の方や先輩社員の間の雰囲気や人柄がとても暖かく魅力に感じました。

お客様の会社に訪問し、業務を行うことが多いです

学校で学んだこと・学生時代

学生時代は、日々の授業で疑問を残さないよう、さらに知識を広げるために、講師の方に積極的に質問を行っていました。面倒見のよい先生が多く、社会人として必要な考え方や仕事の仕方を教えてくれましたね。質問をするなかで実際の業務の話などを聞くことがあり、とても刺激になっていました。講師の方から聞いた業務を行っていく上で必要なことや考え方など、学生時代はそれほど意識していませんでしたが、実際に社会に出て働いていると大事な考え方だったと日々実感しています。こういうことをやってみたい、こんなことを考えているなどの様々な相談にのってもらったりなど、親身に接して貰っていたことが印象に残っています。

関係者間でWEB会議や電話でコミュニケーションを取って連携を深めます

平尾 良太さん

横須賀ソフトウェア株式会社勤務/ITシステムエンジニア学科/2020年卒/顧客企業に訪問しての業務が多いという平尾さん。プロジェクトが終わるたび、成果物の共有や周囲との認識の共有などを積極的に行い、考え方や意識にずれがないかを確認して次なる業務に活かしている。エンジニア志望を決めた際には、知り合いのエンジニアの方に話を聞いたり、どういった仕事なのかをネットや雑誌などを読んで調べ、システムエンジニアやインフラエンジニアなど、様々な分野があることを知ったそう。「どの分野もシステム開発には欠かせない職種なので、自分がどんな技術・分野に興味があるかを知り、どういった分野に進みたいかを考えていくのが良いと思います」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

札幌情報未来専門学校(専修学校/北海道)
RECRUIT