• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 札幌科学技術専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 毛利 友亮さん(自動車工学科/自動車整備士)

北海道認可/専修学校/北海道

サッポロカガクギジュツセンモンガッコウ

技術力が上がると、責任のある仕事を任せてもらえます

先輩の仕事紹介

僕を指名してくださるお客様も!厚い信頼を寄せられる、こんな嬉しいことはありません

自動車整備士
自動車工学科 二級自動車整備士コース/2012年卒
毛利 友亮さん

この仕事の魅力・やりがい

エンジンの調子が悪い、チェックランプが点いた、異音がするといった突然の不具合でいらっしゃる、飛び込みのお客様をメインに対応しています。原因を究明し、しっかり修理するのはもちろん、お客様にご納得いただける、わかりやすい説明をいつも心がけています。“わからない”というのが、一番の不安だと思うからです。ときには、内部構造をわかりやすく描いてあるツールを使って説明することもあります。ある日、いつものように説明していましたら、僕の対応を「気に入った!」とお客様に褒めていただけました。以来、来店時はいつも僕を指名していただき、点検からバッテリー交換まで任せていただけるように。整備士冥利につきる瞬間です。

学校で学んだこと・学生時代

小さな頃からクルマが好きで、よく近所の整備工場へ見学に行っていました。町民全員が顔見知りのような町でしたので、「毛利さんちの子がまた来た」みたいな感じで、工場で作業風景を見せて貰えたんです。中学生から将来は自動車整備士になりたいと思い、その夢を叶えるため、カギセンに入学。カギセンでの学びが最も活かされているのは、実習で様々なメーカーのエンジンに触れたこと。実は、トヨタディーラーといっても、他メーカーのクルマを点検・整備する機会も多いんです。なので、他社メーカーのクルマを担当することになっても、「このエンジン、カギセンで触ったな」と思い出せます。卒業した今でも恩師に教えを頂くこともあるんですよ。

今の業界は、接客もできる整備士が求められる時代です

これからかなえたい夢・目標

2017年にトヨタ技術検定1級を取得し、2018年には社内サービス技術コンクールで準優勝をいただきました。そして、次なる目標は、トヨタ最高峰の上位資格である「トップクルー」の取得です。トヨタ技術検定1級取得者の中から選ばれた者だけが挑戦できる、超難関試験です。受験資格を得るまでの道のりも厳しく、まずは工場長を任せていただけるだけの、技術力や対応力、総活力を養わなければなりません。そのために、日々、自分にできる最大限の努力を払っています。当社は、年功序列制ではないので、年齢やキャリアに関係なく、上を目指せる環境。トップクルー取得の平均年齢は30代後半ですが、それよりも早く取得できるよう、がんばります。

社内サービス技術コンクールで準優勝しました

毛利 友亮さん

トヨタカローラ札幌株式会社 本店 サービス勤務/自動車工学科 二級自動車整備士コース/2012年卒/整備のレベルが高いトヨタディーラーで働くというのが学生時代からの夢だったという毛利さん。その夢を叶え、自動車整備士という職を極めるため、精力的に技術の向上に取り組んでいる。趣味は体を動かすことで、現在、社会人バスケットボールチームに所属。職業も年齢も異なるメンバーが毎週火曜の夜に集まり、汗を流してリフレッシュしている。今年は、登山にも挑戦する予定。会社の後輩と一緒に、実現に向けて、計画を進めているそう。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

札幌科学技術専門学校(専修学校/北海道)