• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 北海道
  • 札幌科学技術専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 菊池 海智さん(建築技術学科/建築プランナー)

当社で使用している道産材の説明をすることもあります

先輩の仕事紹介

お客様からの難しいご要望に応え、満足していただける家を建てられたときが嬉しいです

建築プランナー
建築技術学科/2019年卒
菊池 海智さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

私は、営業担当者がお客様から聞いてきたご要望を図面に反映する、建築プランナーとして働いています。家は一生に一度の大きな買い物です。さまざまなこだわりを盛り込みたいと思われるのは当たり前で、ときには構造上や法律上の理由から、実現が難しいご要望を出される方もいます。そんなときは、出来ませんと言うのではなく、どうしたら実現できるか、どんな代案があるかを、設計担当者と話し合い、工夫をして、出来る限り、お客様の思いに沿うようにしています。そのようなやり取りを経て家が完成したときは、とても嬉しく、大きなやりがいと達成感を感じます。いつまでも、お客様に感謝される仕事が出来るよう、日々がんばっています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

自分が携わったことがカタチに残り、なおかつ感謝される仕事がしたいと考えていました。その矢先、住宅のリフォーム番組を見て、「これだ!」と感じたのが、家づくりに関わりたいと思ったきっかけです。このときは、家を建てるということを、それほど難しく考えていませんでした。しかしカギセンでの学びを通じて、新築はもちろん、建て替えやリフォームの際も、複雑で細かなルールがたくさんあり、それらに従わないと建てられないことを知りました。自分の土地であっても自由にできないのが家づくりであり、建築のプロとは、そのような規制がある中でお客様に喜んでいただける家をつくる仕事なんだとわかり、より関心が深まっていきました。

設計担当者などと綿密な打ち合わせが欠かせません

学校で学んだこと・学生時代

カギセンでは、建築のプロとは何かを教えていただけたほか、建物を建てる上で必要な基礎知識もしっかり学べました。また、家づくりに欠かせない二級建築士資格の取得に特化したカリキュラムもあり、今の私の土台を築けた2年間だったと改めて実感しています。なかでも、一番楽しかった授業は「設計製図実習」です。仕事の現場では、設計図はCADというコンピュータソフトを使って描きますが、この授業ではドラフターと呼ばれる製図台を使って、手描きで設計図を作成するんです。手で描くことによって、設計図の基本を理解できましたし、何よりも、私が描いた1本1本の線が、どんどんカタチになっていくのを見て、ワクワクしていました。

建築法規に変更がないかなど、日々勉強が必要です

菊池 海智さん

株式会社木の城たいせつ札幌支社 新築営業設計 勤務/建築技術学科/2019年卒/「家づくりは同じ工程を踏みますが、お客様によってまったく異なる、変化に富んだ仕事です。それがとても面白いですね」と話す菊池さん。お客様のほとんどが年上ということもあり、打ち合わせの席で会話を広げることが少し苦手。それを克服するため、社内の先輩たちに積極的に話しかけるようにしているそう。休日は買い物に行ったり、自宅で過ごすときは映画を観たり、ゲームをしている。映画はもっぱら洋画派で、ロバート・ダウニー・Jrのファン。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

札幌科学技術専門学校(専修学校/北海道)
RECRUIT