• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 山脇美術専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 植松 茜さん(ビジュアルデザイン科/デザイナー)

ファッション関連のデザイナーとして、常にアンテナを張りトレンド情報を収集!

先輩の仕事紹介

お気に入りのファッション誌に刺激され、「こんなかっこいいデザインがしたい」と思いました!

デザイナー
ビジュアルデザイン科/2017年卒
植松 茜さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

勤務する株式会社マームは、ファッションブランドのプロモーションやブランディング、web制作、カタログ制作、企業の情報サイト制作などを手掛ける会社です。そこで私は、ファッションブランドのWeb制作やカタログ制作に携わっています。ファッションは私が大好きな分野。それを仕事とし、デザイナーとして自分がふさわしいと感じるタッチ・トーンにデザインを作り上げていけるところが大きなやりがいです。また日々の仕事で、様々なデザインを試行錯誤して形にしていくことでその案件の正解が見えてくることがあります。そんなふうに「最高のものが作れている!」と実感できるとき、デザイナーという仕事に就いている喜びを感じます。

学校で学んだこと・学生時代

山脇は、幅広いもの作りにチャレンジできる環境が大きな魅力です。パッケージやポスターなどのグラフィックデザイン、エディトリアル、Webなど、枠を絞らず学べたことでそれぞれの特性やデザインに取り組む多様な考え方を学びました。また、音楽やアートに詳しい友達とも会うことができ、そこから新たなデザインも知ることができました。どんな角度からも発想を派生させ、膨らませ、形にしていけることを学びました。実習では自分が納得できるデザインにこだわり、例えば、印刷の際に「紙」にこだわって色々と試したり、印刷の方法を駆使したり。考え、模索しながら進め、知識や技術を高めることができました。

納得できるデザインを追求し続けました!

この分野・仕事を選んだきっかけ

もともと絵を描くのが好きで、それが「仕事に繋がればいいな」と考えデザインの専門学校で学ぶことを選択しました。そして山脇で学ぶうちによりデザインの奥深さや楽しさを発見し、この道に進みました。デザイナーとは、伝えたいことや表現したいことをビジュアル化していく仕事です。可愛さやかっこよさを追い求める楽しさがある一方、創り上げたデザインには見る人を納得させる理由が必要だと思っています。クライアントの意図、膨大な撮影写真や情報をどう整理してどう見せるか、コンセプトを軸に考え、実際に形にしていく力がとても大切だと思っています。

学びを深める中でデザインの奥深さを発見!

植松 茜さん

株式会社マーム 勤務 デザイナー/ビジュアルデザイン科/2017年卒/静岡県出身。現在は、上司のサポートを受けながら仕事を進めていますが、徐々にクライアントとの打ち合わせや撮影現場に同行する機会も増えてきたといいます。「写真素材を提供いただくケースもありますが、撮影から進行する場合もあります。クライアントの意図やコンセプトを踏まえ、使用写真のセレクトは入念に行います」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

山脇美術専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT