• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 山脇美術専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 貝塚 晃近さん(スペースデザイン科/建築施工管理技士・内装施工管理)

お客様が実際にその空間を利用しているのが嬉しい!

先輩の仕事紹介

人々が集う空間づくりに携わり、完成した時の充実感は最高!何よりの喜びです。

建築施工管理技士・内装施工管理
スペースデザイン科/2015年卒
貝塚 晃近さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

商業空間、パブリック空間、ホスピタリティ空間、文化空間、ビジネス空間などの内装仕上工事を行う株式会社丹青TDCに勤務し、内装施工管理を担当しています。仕事の魅力は現場管理を行うだけではなく、見積もりをしたり、図面を書いたり、その内容を現場に発注したりと工事の全てに自分が関わっていくところです。工事が終了し、お客様が実際にその空間を利用している様子を見ると「頑張って良かった!」と思え、施工中のさまざまな苦労も吹き飛び、ただ嬉しくなり次への意欲がわいてきます。今後の目標は、後輩を指導しながら大型の物件に携わることです。そのために今は、担当している案件に丁寧に取り組み、スキルを磨いています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

父が建築業界で働いていたため建物に関わる仕事は身近で、自然と自分も同じような仕事に就きたいと思うようになりました。ただ、高校を卒業する時点では漠然としていて、明確な将来像はありませんでした。高校の先生の紹介で山脇を知り、建築業界のさまざまな業種や業務内容、必要な技術などを広く勉強しながら自分の得意を突き詰めていける教育体制が気に入って入学を決めました。山脇は徹底した少人数制です。先生が学生一人ひとりに向き合ってくださる時間が多く、親身にアドバイスをもらえたのがよかったと思います。じっくりと学びを深めていく中で、2年生の頃に自分が向いてると思える分野を見つけ、現在の職業に繋がりました。

卒業制作で来場者特別賞を受賞した自動車のショールーム

学校で学んだこと・学生時代

東京のほぼ中心に位置する市ヶ谷駅の傍にある山脇美術専門学校。放課後に近くの建物を見たり、ふらっと立ち寄ったお店などの内装を見て「どうやって作ってるんだろう?」と考えたり、そこから得た技術を自分の課題制作(内装デザイン)に活かしたりしました。授業で知識を習得しデザインの実作を繰り返す実践的な学びを通して、内装施工管理という自分が本当に好きな事、向いている仕事が発見できました。仕事は一つのミスで工程が遅れてしまうためコミュニケーションが重要で、また自分のデザインアイデアを形にしてもらうために図面を描き現場に伝える場面が多いのが特長です。山脇での学びがとても役立ち、大きな強みになっていると思います。

建築物やショールームなど授業でもよく見学しました

貝塚 晃近さん

株式会社丹青TDC 勤務/スペースデザイン科/2015年卒

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

山脇美術専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT