• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 修成建設専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 米田 雅樹さん(建築学科/建築士)

大阪府認可/専修学校/大阪

シュウセイケンセツセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

関わる人の「ありがとう」を大事に

建築士  として働く  米田 雅樹さん  にインタビュー!

  • 住宅・建設業界
  • ものづくり業界
  • 技術・研究開発職
  • 筋道を立てて考えるのが好き
  • mixiチェック
インタビュー

クライアントとの対等な信頼関係を築き、その方の人生を彩る素敵な作品を手掛けたい

この仕事の魅力・やりがい

2013年に自身のアトリエ『ヨネダ設計舎』を設立。住居や店舗など建築物の企画・設計・監理を中心に、プロダクト家具のデザインも手掛けています。建築の魅力はやはり、その空間で生きる方の人生を彩れること。クライアントの素敵な物語が続くことを常に頭に描きながら、一つひとつの仕事を大切にこなしています。だからと言って、すべてのご要望にただYESで応えるだけではいけません。相手に寄り添うホスピタリティや感謝の気持ちを忘れない一方で、理想の空間を形にするためにプロの視点もしっかり加えていく。そうした対等な関係も必要です。お互いの意見を重ね合うことで、素晴らしい建築物と信頼関係が生まれると思っています。

建築士として働く米田 雅樹さん

そこに生きる人の幸せを描いて仕事に取り組みます

建築士として働く米田 雅樹さん
業界ココだけ話!

より良い空間を形にするためにプロの視点も大切!

業界ココだけ話!

人と人とが深く関わる建築の世界は、素晴らしいドラマにたくさん立ち会えます。私がまだ独立する前のことです。友人からの居酒屋を開業したいという相談をうけて、その店舗の設計をさせていただきました。友人はすでに家族もいて、新しい挑戦を始めるのはとても勇気がいったはず。その大きな挑戦を任せてもらえたことが本当に嬉しかったですね。少しでも費用を抑えるために、一緒にペンキを塗ったこともありました。そしてプレオープンの日。普段は無口でシャイな友人が、カウンター越しに僕に握手をしてくれたんです。その晴れ晴れしい顔がとても印象的で、こんな瞬間にもっと携わってみたいと、私も独立への想いを強くしました。

これからかなえたい夢・目標

多くの人に影響を与える建築物を手掛けたいですね

これからかなえたい夢・目標

他分野から建築の道に飛び込んだ私にとって、修成建設専門学校の学びはとても新鮮で、少しずつスキルが広がる楽しさがありました。疑問に感じたことはすぐに調べ、積極的に知識の引き出しを増やそうという姿勢も、学生時代に養われたものです。建築業界への就職を意識しはじめた頃、著名な建築家の講演会に参加する機会がありました。その方が手掛けたある幼稚園のデザイン、そして、完成した施設でのびのびと遊ぶ子どもの姿に、建築の素晴らしさを改めて実感!この世界で頑張ろうと決意しました。いつか私も子どもたちに喜んでもらえる保育園や幼稚園を手掛けてみたいですし、自分の作品を通じて多くの人に影響を与えられたらと思います。

プロフィール

米田 雅樹さん のプロフィール

ヨネダ設計舎 主宰/建築学科第二本科[現・建築学科(夜間)]/2008年3月卒/違う道でサラリーマンをしていた米田さんが、建築の道を歩み始めたのは20代半ば。手に職を持つことへの憧れが背中を押した。「すでに結婚をしていたので、ある程度の収入は必要でした。だから昼間に働き、夜間に学べる修成を選んだんです」。好きな世界で活躍する先輩として、建築の道を志す若者たちに力強いメッセージをくれた。「手掛けた建築物ができあがった時の達成感や、その建物がお客様の人生に長く携わっていくやりがいは格別なもの。転身を決意して本当に良かったと思います。みなさんも建築の持つ可能性を信じて、迷わず未来へと歩み続けてください!」

この先輩が卒業したのは…

修成建設専門学校 建築学科

学校イメージ

設計製図・構造力学・建築計画・施工管理の学習や、材料・構造・環境などの各種実験を通して、将来、建築士として活躍するために必要な知識をトータルに学び、刻々と変化する社会のニーズに即応できる能力の育成を図っています。本学科では、1年から専門科目を多く配置し、2年間で基礎から実践に即した応用力までを修得。卒業後は、建築士、施工管理技士などの資格取得を目指します。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

修成建設専門学校(専修学校/大阪)