• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 修成建設専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 横山 康成さん(建築学科/建築士)

人と人がつながる仕事を、今後も大切にしていきます

先輩の仕事紹介

こだわりは「正確かつ迅速」な仕事!数多くの住宅の設計に携わる毎日が喜びです

建築士
建築学科 卒/2018年卒
横山 康成さん

この仕事の魅力・やりがい

私の勤めるアーネストワンは、土地の仕入から設計、工事まで、建売住宅に関するすべてを行う会社。その中で僕は分譲住宅の設計と、工事に必要な役所への申請業務に携わっています。入社当初は月5棟程度を担当することが精一杯でしたが、2年目を迎えた今、担当数は月15~20棟までアップ。そうした成長を日々、実感できることが仕事の喜びです。もちろん、数多くの物件をこなすには、正確かつスピーディーな仕事が大切。翌日の業務内容を前日の夜に整理するなど、無駄のない時間管理を心掛けています。現在の担当棟数をキープしながら、今後はプランの改善にも取り組める提案力も高めていきたいですね。

学校で学んだこと・学生時代

私が修成に入学するきっかけとなったのは、高校時代に参加したオープンキャンパス。学生と先生との距離が近く、気軽に質問できる学びやすさに魅かれました。幅広い学びに取り組む中で、特に力を入れたのは住宅などの模型製作。建築の構造を立体的に理解できる面白さに夢中になりました。また、CADを基礎から学んだ経験も非常に大きく、在学中からプロレベルのソフトを扱えたおかげで、入社直後からスムーズに仕事に取り組めました。プロになってつくづく実感するのは、修成の歴史の長さと建築業界との強いつながり。この職場にも修成出身の上司や先輩がおられ、何でも相談に乗っていただける心強さを感じています。

常に明日の仕事を考え、綿密なスケジュール管理を徹底

分野選びの視点・アドバイス

現在、あらゆる業界でAI化が進んでいますが、建築は人にしかできない仕事だと僕は思います。だからこそ建築のプロには、「自ら新しいものを作り出せる力」が求められると言ってもいいでしょう。その力を養ううえでも、めざす自分を見据えた学校選びが大切。卒業後、自分はどの分野で活躍したいのか?そのために必要な知識や技術を学べる環境はあるのか?入学後のイメージを明確に描ける学校かどうかを、直接確かめられる機会はとても貴重です。ぜひ、修成のオープンキャンパスに参加して、ハイレベルな学びや先生の身近さを感じてほしいですね。

横山 康成さん

株式会社アーネストワン 勤務/建築学科 卒/2018年卒/父親が建設業界で働いており、昔から図面などを間近に見る機会が多かったという横山さん。その興味は自然と大きくなり、高校2年生の時には明確な夢に変わっていった。修成への入学時と同じく、現在の会社を選んだ理由も職場の雰囲気だったと言う。「面接を担当してくださった人事の方がとても親しみやすく、そのお人柄を見て働きやすい会社だと直感しました。上司や先輩の皆さんのサポートに応えるためにも、自分のこだわりである“正確かつ迅速な仕事”をずっと追求していきます!」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

修成建設専門学校(専修学校/大阪)