• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 修成建設専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 金子 覚司さん(住環境リノベーション学科/建築施工管理技士)

建設業界の仕事につながる学び

右へ
左へ

建設現場の全工程を理解するため、実務に即した様々な実習を体験

分譲マンションや学校、病院、警察をはじめ、人と暮らしに関わる様々な建物を建設している大末建設株式会社。同社の建築施工管理技士として活躍する金子さんに、修成建設専門学校で培った現場力について伺いました。

建築施工管理技士
住環境リノベーション学科
(2015年卒)
金子 覚司さん
  • 大末建設株式会社 勤務
実際の業務を想定した体験の積み重ねが、現場を取りまとめる力に

現場監督として働く父の姿を見ながら、将来の自分を思い描いた高校時代

建設会社を経営し、現場監督として活躍する父の姿を幼い頃から見ていたのが、この道を目指すきっかけです。仕事場に連れて行ってもらい、職人さんたちに指示を出す様子や、お客様の喜ぶ姿を見て、私もこういうやりがいのある仕事につきたいと思いました。入学当時、住環境リノベーション学科は開設されたばかりでしたが、修成の長い歴史への信頼と、自分がめざす道に直結した学びができることから、迷うことなく進学を決めました。

騒音や通学路の安全など様々な点に配慮をしながら仕事を進めます

右へ
左へ

実習を通じて体を動かすことで、一つひとつの工程がしっかりと理解できました

建築施工管理技士は現場で実際の作業は行いません。しかし、学生時代は宿泊研修で足場を組み立てたり、専門の方を招いた講習会で鉄筋の組み方を学んだり、マンションで鉄骨の構造を調べるなど、体験を通じた様々な学びがありました。自分の体を動かすことで一つひとつの工程への理解を深めることができましたし、現在、それぞれの作業にどのくらいの人員が必要かを見極めるのに役立っているので、有意義な実習だったと思います。

計画通りに工事が進められているかどうか、こまめに現場チェック

右へ
左へ

目標は1級建築施工管理技士取得。大きな現場を手掛けられるよう学び続けます

現在は、芦屋市の中学校の大規模な建替え工事に携わっています

1級建築施工管理技士の資格は、仕事の幅を大きく広げてくれます

私の主な業務は、工事の手順・細部などを記した図面を作成することと、現場を管理することです。工事には事業主や設計者、職人さんなど多くの人が関わるので、仕事が円滑に進むようコミュニケーションを図ることも大切にしています。やりがいのある毎日で、建物が完成した時の達成感は大きいですね。現在の目標は、1級建築施工管理技士の資格を取得すること。責任者として大きな現場を任せてもらえるよう、努力を続けていきます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
修成建設専門学校(専修学校/大阪)