• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 修成建設専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 名嶋 健志郎さん(施工管理者)

長く関わった建物が完成した時の達成感は格別です!

先輩の仕事紹介

図面上のものが実際の“形”になることは、施工管理者にとってこの上ない喜びです!

施工管理者
建築学科(夜間部)/2015年卒
名嶋 健志郎さん

この仕事の魅力・やりがい

現在、JR琵琶湖線安土駅舎の建設に、現場施工管理者として関わっています。私の業務内容は、工程に従って業者を手配したり、工事の写真を撮影して記録として残したり、規定通りに作業が行われているかを確認するなど多岐に渡ります。それぞれの工程によって、基礎、鉄骨、屋根、外壁、内装、設備…と、どんどん業者が入れ替わるので、段取りを正確に理解しておくとともに、職人さんたちを取りまとめ、密にコミュニケーションを取ることが必要です。長期にわたる大掛かりな工事なので苦労したこともありましたが、足場が解体されて駅舎の全貌が目の前に現れた時は「あぁ、自分はこれを作っていたんだ!」と、大きな感動に包まれました。

学校で学んだこと・学生時代

修成で取り組んだ実習は、現在の仕事に直結するものばかりでした。例えば“コンクリートの練り混ぜ”や“鉄筋の組み立て”といった経験は、たとえ自分が現場で手を動かさない立場であったとしても、業者さんに発注したり職人さんへの指示を出したりする際に役立ちます。また、私たちのお客様であるJRさんに工事計画を説明する際などは、模型や図面を使ったプレゼンの実習も活かせていると思います。私が学んでいた夜間部は意識の高い方が多く、その日学んだことをさらに突き詰めようと、よく授業終了後に話し合いました。幅広い年齢の方と接する中でコミュニケーション力も身につきましたし、とても充実した時間が過ごせたと思います。

橋上化工事で新しく生まれ変わったJR安土駅です

これからかなえたい夢・目標

建設業の仕事には、多くの専門工事業者が関わります。私は全体を取りまとめる立場として常に状況を把握しておかなければなりませんが、経験が浅い頃は、職人さんから間違いを指摘されたり、質問に答えられなかったりということもありました。今はその経験を教訓に、考え方にすれ違いが生じないよう現状の一歩先を見据えた段取りと、お客様に納得いただける品質を心がけながら日々仕事をしています。図面でしかなかったものが“いま、ここに建っている”というのは、私にとってこの上ない大きな喜びです。いつの日か現場責任者として駅工事に携わり、またこの感動を味わえるよう、これからも毎日の業務に励んでいきたいと思います。

工事の詳細な記録を残すのも大切な業務の一つです

名嶋 健志郎さん

大鉄工業株式会社勤務/建築学科(夜間部)/2015年卒/高校卒業後、レンガ職人として3年の経験を積んだ後、修成建設専門学校 建築学科(夜間部)に入学。昼間は学内でのアルバイトに励み、夜間は幅広い年齢層の仲間とともに学んだ。「修成はバックアップ体制が充実していましたね。二級建築士資格取得の指導もしっかりとしていただけましたし、自分が就職できるかどうか不安に感じたことはありませんでした」。卒業後はJR西日本グループのゼネコンとして鉄道事業を支える、大鉄工業株式会社に就職。2015年11月から2年5カ月にわたり、現場施工管理者としてJR琵琶湖線安土駅舎の建設という大きなプロジェクトに携わった。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
修成建設専門学校(専修学校/大阪)