• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 修成建設専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 粟島 沢磨先生(建築士)

大阪府認可/専修学校/大阪

シュウセイケンセツセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

現役の建築士として建築の喜びと挑戦の大切さを伝える先生

建築士
建築学科 
粟島 沢磨先生
先生の取組み内容

修成を卒業後、設計事務所に勤務。現在は独立して、神戸・三宮で設計事務所を営んでいます。主な業務内容は、一戸建て住宅を中心に建築工事の設計・監理や各種申請代行など。お客様の思いをじっくりと聞きながら、理想をカタチにする住まいづくりを心がけています。人の役に立ちたいとの想いで仕事に取り組んでおり、それは教員としても同じです。私が在学中に教わったこと、感じたことに加え、実務経験を積んで身につけたことを伝えることで、次代を担う学生の役に立ちたいと考えています。授業にあたっては、「建築が好き!」と思ってもらうにはどうすればいいかを常に模索しています。苦手なところを楽しくできるコツを教え、自分自身が行動することでチャンスをつくっていくことの大切さを伝えていきます。

「木造演習」では木造軸組模型を作成。現場での指示がスムーズにできるように部材や構造を理解する

授業・ゼミの雰囲気

「建築法規」や「木造演習」の授業では、実例を交えてわかりやすく指導

建築に関する法律を知る「建築法規」、構造模型の作成を通じて木造建築について学ぶ「木造演習」、線の意味を一から学びながら図面を作成する「設計製図」を担当する粟島先生。特に難しいと思われがちな「建築法規」については、できるだけわかりやすい言葉で伝え、自らの設計業務での事例を踏まえて話すことも多いという。自身の設計事務所に学生を招き、内装工事を行ったこともある。「棚の作り方に据え付け方、床の構造などについて、体験を通して学んでもらいました。今後も続けていきたいと考えています」と笑顔で話された。

卒業式のパーティーで、学生と喜びを分かち合う粟島先生。教え子たちと一緒にピースサインで記念撮影

キミへのメッセージ

何事も自分次第! 一緒に楽しく建築を学びましょう!

修成では先生と学生、先輩と後輩、クラスメイトなど、人との関わりから多くのことを学べます。挑戦して可能性を広げることの大切さ、コミュニケーションの重要さも実感できるはずです。

「みんなで作る楽しさを体感してほしいからワークショップ型の授業を重視しています」

粟島 沢磨先生

専門科目:設計製図、建築法規、木造演習
一級建築士。修成建設専門学校在学中に二級建築士の資格を取得し、卒業後は建築士として設計事務所に7年間勤務。2014年には独立し、「あわしま設計」を開設した。現在は同事務所を経営しながら修成建設専門学校の特別担任として勤務。自身の設計事務所を生きた教材とした施工や設計などの指導に取り組んでいる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

修成建設専門学校(専修学校/大阪)