• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 修成建設専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 玉井 香里先生(一級建築士、一級インテリア設計士)

こんな先生・教授から学べます

三次元CADはもちろん、その先まで実践的に教える先生

一級建築士、一級インテリア設計士
建築CGデザイン学科 
玉井 香里先生
先生の取組み内容

建築業界の仕事は通常、設計士やインテリアコーディネーターなど分業化されています。規模や方針によって異なり、全てに関わることができる企業もあります。私が設計事務所を営んでいた頃は、住宅プランナーとして設計とインテリアの両方を担当していました。自分が何をやりたいか、それができる企業はあるかを在学中に確認することが大切です。また現在では、図面やデザイン画を作る場合、手描きはほとんどありません。CADは必須ですが、さらにBIMへと移行中です。CADやBIMなどで作成するCGパースは、イメージを伝える手段として重要であり、その技術は大きな武器になります。さらにプレゼンの手法も静止画から動画へと進化中です。建築CGデザイン学科は、急速な業界の変化にも対応できる授業内容で、即戦力として活躍できる人材を育てます。

建築の基礎をしっかり学んだ上でCGパースを制作。絵空事ではない、実際に建築可能なCGパースができあがる

授業・ゼミの雰囲気

基本操作から学び始め、オリジナルプランの三次元設計とプレゼンテーション、動画作成まで!

建築CGデザイン学科は、建築設計の学科であり、CG作成が主ではありません。三次元設計を通じて、CGパースも簡単に作ることができます。設計図とパースの両方が作成できるのも魅力です。1年次の「CG情報処理」ではパソコンでの文書作成、表計算、二次元CADを習得します。2年次での「CG演習」は、パソコン上で三次元の建物のモデリングを学び、今後主流となるBIMの技能も習得します。建築ビジュアライゼーションソフトのLumionを使って、フォトリアルなパースを作成したり、3Dデータを使った動画作成にもチャレンジします。

実習だけでなく、時にはデザインの勉強として施設見学に行くこともあります

キミへのメッセージ

建築は、何にでも興味を持てる人には面白い世界だと思います。

オープンキャンパスで3DCG・VRの体験授業も担当。2019年の体験プログラムはLumionというソフトを使って住宅のCGパースを作成しました。授業の終わりには、VRゴーグルで360°の仮想空間を体験してもらいました。

「ヘリテージマネージャーとして歴史的建築物の保存と活用を推進する活動にも参加しています」

玉井 香里先生

専門:情報処理、CG演習、CAD設計製図、設計製図、建築計画
修成建設専門学校卒業後、建築設計事務所に勤務。一級建築士資格を取得後は、専門学校の講師として製図やCADの指導及び、設計の業務に携わる。1994年に独立後は住宅の計画、設計、インテリアコーディネート業務に携わり、CGパースを含めたプレゼンテーションも行ってきた。現在は本校の教員として、CAD・CGの指導をする傍ら、3DCG・VR関連の業務にも携わる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

修成建設専門学校(専修学校/大阪)