• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 修成建設専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 広瀬 一樹先生(土木施工管理技士 ・現場監督)

こんな先生・教授から学べます

人の生活を支える身近な学問、土木の面白さを伝える先生

土木施工管理技士 ・現場監督
土木工学科 
広瀬 一樹先生
先生の取組み内容

土木の守備範囲は広く、そこが土木の面白さだと思っています。道路、鉄道、橋梁、トンネル、ダム、港湾、上下水道など、普段皆さんが何気なく使っているもの、逆に言えば、誰もが使ったことがあり、実は生活に欠かせないものばかりが土木の分野です。「渋滞をどうさばくか」「信号や標識をどこに配置するか」といった交通工学も土木。上下水道の衛生や、道路や橋の耐震、災害対策、都市計画やハザードマップも土木と深い関わりがあり、想像以上に身近で幅広い世界なのです。土木は人間の生活を支え、また豊かにしていく学問でもあります。ここでの学びを活かして就職し、いつか近い将来、様々な現場を任されるようになれば、「この道路は僕が作った」「この橋は私が考えた」と胸を張って言うことができるようになりますよ。

土木工事を発注する側の経験があるからこそ伝えられる、ポイントを押さえた授業を心がけています

授業・ゼミの雰囲気

土木施工管理技士の資格取得に直結する学びに加え、実践的な現場実習などを通じて土木の現場を体感して学ぶ

授業では、現場監督になるために必要な施工管理、設計、積算について指導。施工管理については、2級土木施工管理技術検定の学科試験に対応した内容となっています。現場と同じ機器を使う測量系の実習や現場見学会なども実施し、土木の現場を体感する機会を設けています。現場監督としてキャリアを積めば、現場で指示するだけでなく、工事資料作成や他現場との調整、工事費などの金銭面についても考えなければなりません。授業では先生自身の経験を活かし、実際の仕事の流れや進め方、知っておいた方が良い知識なども紹介していきます。

明石海峡大橋の見学会では、現地を訪れて大スケールの現場を体感!その感動が学びを深めるきっかけに

キミへのメッセージ

大きい橋や道路など、巨大な構造物を作る現場に携わる人材になってほしい

高校を卒業したら、いよいよ自分の好きなことをたくさん学ぶ時間です!もし好きなことや興味のあることが道路や橋などの大スケールな「ものづくり」なら、ぜひ修成で学び、人の役に立つ仕事で活躍しましょう。

土木といえばやはり「現場」。身近なことを学んでいく楽しさを実習や現場見学会を通じて体感してほしいです

広瀬 一樹先生

専門:施工管理、設計演習、積算、情報処理
兵庫県出身。父親が土木の現場監督をしていたことが、土木に興味を持ったきっかけ。また道路や鉄道も好きだったので「自分がめざす分野は土木だ」と、大学では土木工学を専攻した。卒業後は役所の土木系職員として勤務し、監督員や道路の設計などを担当。様々な現場経験と1級土木施工管理技士の資格を活かして、修成建設専門学校の教員に。趣味は旅行、ゴルフ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

修成建設専門学校(専修学校/大阪)
RECRUIT