• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 駿台トラベル&ホテル専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 葬祭マネジメント学科(夜間部・1年制)

東京都認可/専修学校/東京

スンダイトラベルアンドホテルセンモンガッコウ

葬祭マネジメント学科(夜間部・1年制)

募集人数:
40人

究極のサービス業「葬祭」に関わる知識とスキルを体系的に学び、葬祭ディレクターをめざす

学べる学問
  • 文化人類学

    世界の文化から、特性や相互関係を調査する

    さまざまな民族や文化圏の衣・食・住・家族などを対象に未開と文明を比較し、フィールドワークなどを通じて、人類の文化の共通性、異質性、多様性を知る学問。

  • 日本文化学

    日本独自の文化について研究する

    文学、芸術、民族、思想、日本語など、日本文化の特色をとらえ、日本の風土、歴史、社会などとの関連性を研究。異文化との比較研究も行う。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 哲学・宗教学

    人間のあり方、心のよりどころについて理論的に研究する

    哲学は、「人間とは?」「社会とは?」という問いを追求するために、研究分析を通じて、人生・世界・事物の根本原理など、人間の真実を究めていく学問。宗教学は人間と人間社会を全体としてとらえるために、宗教の教義や背景となる歴史・文化等を調査しながら研究する。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    哲学、心理学、歴史学、文化人類学、社会学、法学、そして生命科学や人類学、人工知能など、文系・理系両分野を通して多角的に、あるいは総合的に人間について考える。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

目指せる仕事
  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • 葬祭ディレクター

    葬祭の段取りを整え、会場設営や式進行を行う

    遺族や主催者の希望に応える葬儀の段取りを組み、会場を設営し、式を進行させる仕事。社葬、お別れの会など葬儀の形式や宗教などにより違いもあり専門知識が必要。こうした葬儀社の仕事は無免許でも行えるが、葬祭ディレクターという名称は資格試験に合格しないと名乗れない。

  • イベントプランナー

    アイデアはもちろん折衝力も重要

    企業の販売促進のための催しやフェスティバルなど、さまざまなイベントの企画立案を行うのが仕事。イベントの趣旨や目的を考えて、内容にあった演出方法や構成を考える。アイデアや表現力は欠かせないが、主催者と内容をすり合わせていく手腕も必要。

  • イベントプロデューサー

    スタッフ選びから経営責任までの総指揮者

    イベントの企画立案にもかかわり、全体的な方向性を決め、スタッフ選びを行い、適材適所に人を配置して、イベントが計画通りに進行するように全体的な指揮をとる。豊富な情報量と企画力はもちろん、決断力、交渉力なども必要。

  • イベント制作スタッフ

    会場作りから広報までイベント全般を担当

    企業の販促イベント、地方自治体の主催する博覧会や展示会、コンサートなどの実施を請け負い、その制作・管理をする。企画や演出にそった会場作り、パンフレットの制作、音響や照明スタッフとの打合わせ、広報活動などを担当。当日も滞りなく進行できるよう受付やアルバイトスタッフの管理などをする。

初年度納入金:2017年度納入金 96万1000円 
年限:1年制

学科の特長

学ぶ内容

遺族の哀しみを理解し、故人の尊厳を守る、葬祭従業者としてのスキルと心を学習
大切な人が亡くなり悲しみにある遺族に対して、相手の身になって考え、相手が必要とすることを思いやりをもって行う ―― 葬祭業とはまさに究極のサービス業。本科は全国でも数少ない葬祭従事者をめざせる学科として、宗教や葬儀といった専門知識を学びます。また、業界実地研修などを通し最新の業界動向もチェックします。

カリキュラム

働きながら学べる夜間コース。葬祭独自の知識を網羅した集中的な学び
働きながらも通学しやすいよう、授業は18時20分から21時30分まで。1日2時限×週5日のペースで、基礎から専門スキルまで学べるよう導きます。葬儀式場の設営方法から、司会、式進行、冠婚葬祭のマナー、宗教ごとの葬儀、ファイナンシャルプランナーまで、一つひとつのスキルを効率よく学べるカリキュラムです。

卒業後

葬祭に関わるさまざまな業種に対応
葬祭関連の企業はもちろん、生花業、仏壇・仏具店、霊園・納骨施設、火葬場・火葬関連作業など、幅広い業種への就職をめざせます。業種ごとの適性は長年の実績と経験により、一人ひとりの実情に即してアドバイス。また、勤務地や勤務条件などの希望もしっかり把握し、就職したい企業を一緒に探していきます。

施設・設備

仏教葬・神葬・キリスト教葬など、各宗派に合わせた葬儀を体系的に習得できる学習環境
本校には、実践的な知識や技術を身につけるための設備があります。セレモニー実習室は、仏式・神式・キリスト教式と各宗教の葬儀に対応できるよう充実した学習環境を整えています。これらの施設を活用して、卒業制作としての模擬葬儀や葬儀に関するワークショップなども実施します。

研修制度

業界実地研修・研修旅行
前期・後期の各1回ずつ、葬祭に関わる企業や施設を見学します。墓苑、火葬場、寺院、神社、イスラムモスク、教会、葬儀社などを訪ね、現場を体験できる貴重な研修です。また、遠隔地の葬祭企業や関連施設を見学する1泊2日の研修旅行も用意しています。

奨学金

経済的な負担を抑えられる、各種制度が充実
本校独自の各種サポート制度を用意。特待生制度、在籍生・卒業生・業界従事者からの紹介制度、学費ローン補助、学歴による減免制度など、様々な学費減免制度があります。また、働きながら学びたいという方にも学びやすいよう、学費の月払い制度も設けています。

募集コース・専攻一覧

  • ライフステージ・プロデュースコース

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    東京福祉会 、 JA東京中央セレモニーセンター 、 ケアサービス 、 帝都典禮 、 メモリアルアートの大野屋 、 公益社 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-15-2
フリーダイヤル 0120-285-294
nyugaku@sundai-th.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都豊島区巣鴨1-15-2 「巣鴨」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

駿台トラベル&ホテル専門学校(専修学校/東京)