• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 駿台電子情報&ビジネス専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 久保 大輔さん(SEプログラマ科(2年課程)/プログラマー)

好きなことを仕事にできて、毎日が充実しています

先輩の仕事紹介

プログラミングに初めて触れた時に楽しさを感じ、プログラマーになろうと決めました

プログラマー
SEプログラマ科 SEコース(2年課程)/2020年卒
久保 大輔さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

プログラマーとしてお客様先に常駐し、生命保険会社のWEB申込みシステムの保守を行っています。システムテストでは気づきにくかった問題を自分で発見して、現場の方から「よく見つけてくれたね」と褒められたことがありました。なかなか見過ごせないようなミスだったらしく、役に立てたことがとてもうれしく感じました。プログラマーは黙々とPCに向かって作業するだけと思われがちですが、認識相違が起こらないように周囲の方や同僚たちと相談することが多く、コミュニケーション能力が求められます。今後も人との関りを大切にしながら、いつかシステムの開発工程に携わることを目標にプログラミングの知識を磨いていきたいです。

学校で学んだこと・学生時代

駿台を選んだ理由は教育プログラムや学習環境が充実していたこと。また大学編入制度もあり、もし大学に行きたくなっても編入学という道がある点に惹かれました。学生時代は特にjavaプログラミングの資格取得のための勉強に力を注ぎました。Oracle Certified Java Programmer, Bronzeの試験勉強のため、放課後もプログラミングの先生にマンツーマンで教えてもらいました。学校で学んだプログラミングの考え方は、java以外の言語でも活用できる場面が多いです。プログラミング以外にも、データベースの操作から開発技法など学んでいたので、仕事でそれらを使用するとなった場合でも困りませんでした。

会社では上司に新しいスキルなど教わっています

分野選びの視点・アドバイス

仕事の業界や分野を選ぶ際には、親や知り合いの方に仕事内容を詳しく聞いたり、インターネットで「自分に向いてる職業」という内容で検索したりして情報を集めていました。色々な方の話を聞くうちに、自分は肉体労働よりも知識を使う仕事のほうが向いていると感じ、もともと好きだったPCを使用してできる今の職業を選びました。基本的には自分の好きなことを仕事にすることが一番だと考えています。好きなことであれば、モチベーションにもつながるので、自分の好きなことを探してみてください。

同僚と休憩室で歓談。景色もよくホッとできるひと時

久保 大輔さん

株式会社アドービジネスコンサルタント/SEプログラマ科 SEコース(2年課程)/2020年卒/幼い頃からパソコンを使うことが大好きで、サイトやゲームなど、どのように作成されているのかに興味がありました。高校1年生の頃からプログラマーを目指し、駿台のSEプログラマ科に入学。卒業後に就職した今の会社は企業向けのシステム提供から様々な現場にITの人材を派遣するなど幅広い事業を行っています。新人の研修制度が充実しており、未経験でもビジネスマナーやプログラミングの基礎などを習得できる点が大きな魅力です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

駿台電子情報&ビジネス専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT