• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • 湘央医学技術専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 竹谷 菜々恵さん(臨床検査技術学科/臨床検査技師)

患者さまの病気の診断や治療に関わる仕事だけに間違いは許されません。より正確な検査データを提供するために終業後一日を振り返っています

先輩の仕事紹介

自分の検査が病気の診断や治療につながり、患者さまが元気になるのが嬉しいです

臨床検査技師
臨床検査技術学科/2019年卒
竹谷 菜々恵さん

この仕事の魅力・やりがい

生理検査室で主に超音波(エコー)検査を担当し、心電図検査や肺機能検査なども行っています。生理検査は患者さまと直接触れ合うことができます。何気ない会話を通してコミュニケーションを取れるのが楽しいですね。痛みなど自覚症状がないかを聞いて検査の参考にすることもあります。カルテを見れば、検査を通してどんな病気か診断され、どんな治療が行われたのか経緯がわかります。自分が撮影したエコー画像や検査データが病気の早期発見や治療に役立って、患者さまが元気になられたのがわかると、大きなやりがいを感じる一方、責任の重さも実感します。常に最良の検査データを提供できるように日々振り返り、改善するように努めています。

学校で学んだこと・学生時代

1年次に基礎科目、2年次に専門科目、3年次に国家試験対策を重点的に学びました。私は高校で「化学」を履修していなかったので少し不安がありました。しかし、先生方が予習プリントを用意してくださったおかげで基礎知識が身につき、授業をスムーズに受けることができました。好きだったのは微生物学の授業です。菌を同定する実習では一つ一つ手順を踏んで何の菌か探っていったのですが、謎を解いていくような面白さがありました。湘央の先生方は距離が近く、分からないことがあれば気軽に質問し、すぐに解決することできました。不明点は後回しにせず確認するという姿勢は、今の仕事でも活かされ、主体的に行動することにつながっています。

接遇には気を配り、検査中に患者さまが不安にならないように声をかけています

これからかなえたい夢・目標

現在は主に腹部エコーを担当していますが、超音波検査には乳腺エコーや血管エコー、循環器エコーなど様々な分野があります。今の目標は、各分野の経験を積んで超音波検査のエキスパートになることです。「超音波検査士」という認定資格には7つの専門分野があり、勉強を続けて一つ一つ取得したいと考えています。臨床検査技師という仕事の良いところは、生涯学び続け、技術を磨いてステップアップできることです。超音波検査だけではなく、いろいろな検査のエキスパートを目指すことができます。学生時代はその土台を作る時期。毎日の授業内容をしっかり吸収することが臨床検査技師国家試験合格につながると共に、学ぶ習慣を身につけられます。

学生時代に学んだ輸血の知識が、夜勤で検体検査をするときに役立っています

竹谷 菜々恵さん

東海大学医学部付属八王子病院 臨床検査技術科 勤務/臨床検査技術学科/2019年卒/高校を卒業後看護学校に通うが、次第に検査を通して病気の診断に貢献できる臨床検査技師になりたいと思うように。「湘央に通っていた知り合いが授業の内容や仕事の魅力をイキイキと語るのを聞いて、方向転換を決心。自分も湘央に入学しました」。東海大学医学部付属病院は病院実習で約4ヵ月お世話になった。「遺伝子検査室で行われている先進的な検査の様子を見られるなど、貴重な経験ができました」。東海大学医学部には東京と神奈川に規模や特色の異なる4つの付属病院があり、臨床検査技師として幅広い経験ができると考えて志望。八王子病院に配属された。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

湘央医学技術専門学校(専修学校/神奈川)