• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • 湘央生命科学技術専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小林 舞雪さん(応用生物科学科 動物看護コース/動物看護師)

薬の飲ませ方など飼い主さんの相談に乗り、解決策を考えてアドバイスしています

先輩の仕事紹介

入院していたワンちゃんが元気になり、しっぽを振って飼い主さんと帰っていくと嬉しいですね。

動物看護師
応用生物科学科 動物看護コース/2018年卒
小林 舞雪さん

この仕事の魅力・やりがい

木下動物病院はワンちゃんネコちゃんの病院として複数の獣医師や動物看護師が働き、トリマーやトレーナーと一緒にチーム医療を提供しています。私たち動物看護師は獣医師をサポートするだけでなく、飼い主さんに近い存在として飼育の悩みを聞いたり相談に乗ったりしています。相談で多いのが薬が苦手で飲ませられないというもの。口の中の薬を入れる場所やタイミング、ペットフードに混ぜる方法などをアドバイスして、うまくいくととても喜ばれます。大好きな動物と毎日触れ合えるのは楽しいですが、一番嬉しいのは病気やケガで入院していた子が元気になって退院するとき。飼い主さんに抱かれて尻尾を振って帰っていくのを見ると幸せになります。

この分野・仕事を選んだきっかけ

幼稚園の頃から家に犬や猫、インコや亀、トカゲなどがいて自然と動物が好きになり、動物に関わる仕事したいと思うようになりました。動物看護師を選んだのは、年上の幼馴染が目指しており自分も挑戦したいと思ったから。また、歳を取った愛犬を病院に連れていったとき、動物看護師がテキパキ働く姿を見て憧れたのも理由です。その時は、もっと早く自分が動物看護の勉強をしていればケアしてあげられるのにと悔やみました。動物看護師の仕事は幅広いですが、働き始めて改めて重要だと思ったのが、診療のとき犬や猫の体を支える「保定」の仕事。種類や大きさ、性格に合わせて対応しなくてはならず、もっと練習しておけばよかったと思いました。

先生が注射を打ちやすいように、嫌がるワンちゃんをしっかり保定します

学校で学んだこと・学生時代

湘央生命科学技術専門学校では、命の尊さや命を扱う仕事の厳しさを学び、動物看護師の仕事に必要な多くのことを学びました。医療の知識からペットの栄養学、しつけの仕方やグルーミングまですべてが実務に即しています。学ぶことが多くて大変でしたが、頑張れたのは仲間が助けてくれたおかげです。同じ科のバイオコースと一緒の授業もありました。実験動物の授業では、実験や試験に利用されるマウスやラットの取扱いを学ぶなど貴重な体験をしました。微生物学実習では、培地を作って菌を増やし顕微鏡で観察してスケッチするなど菌について詳しく学習。抗生物質など薬の勉強もしたことが、今役立っています。

病院にある芝生のドッグランで運動。飼い主さんも気軽に訪れてワンちゃんと遊んでいます

小林 舞雪さん

木下動物病院 勤務/応用生物科学科 動物看護コース/2018年卒/湘央生命科学技術専門学校を選んだのは、年上の幼馴染から雰囲気がいいと聞いていたから。「オープンキャンパスで確かめました。学生数が多すぎず先生と距離が近いことや認定動物看護師の合格率が高いことも魅力でした」。勤務先の木下動物病院は個人病院としては規模が大きく、予防や治療からトリミングやペットホテル、ドッグランなどトータルケアを提供しています。「幅広い知識や技術が身につくと考えて就職しました。もっと病気や飼育の知識を増やして患者さんに対する相談力を高めたいと考えています」。愛玩動物看護師の国家資格がスタートしたら挑戦するつもりです。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

湘央生命科学技術専門学校(専修学校/神奈川)