• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • 湘央生命科学技術専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 大河原 直さん(応用生物科学科 バイオコース/バイオ技術者・研究者)

DDS(Drug Delivery System)事業では独自の合成・精製・品質管理技術を活かし、製剤材料や製剤技術を提供しています。

先輩の仕事紹介

自分の分析でDDS製品の品質が保証されるため、大きな責任を感じながら取り組んでいます。

バイオ技術者・研究者
応用生物科学科 バイオコース/2020年卒
大河原 直さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

当社はバイオから宇宙まで幅広い事業を行なっている会社です。私はDDS(Drug Delivery System)事業を担う部門で、世界の製薬会社を相手に薬の原料を作る業務に携わっています。DDSとは薬を体内の必要な場所に必要な時間、必要な量だけ送達させて効果を高める技術のことで、送達物質(キャリア)にはナノサイズのものを使います。私が担当しているのは分析業務です。工場で作られた製品を出荷して良いかどうか、いくつもの分析方法や分析機器を使って純度や安定性などを調べる仕事です。自分の分析結果が製品の品質保証につながるため責任を感じながら取り組んでいますが、製品に合格を出せたときには大きな幸せを感じます。

これからかなえたい夢・目標

分析業務の魅力は、自分の好きな化学の知識を活かして職人的な専門性を追究できることです。小さい頃から細かい作業が好きで、専門学校で化学や生物について学びながら、これをそのまま仕事にできたらと考えて当社を志望しました。入社してまさにその願いがかなっています。今の目標は、分析作業をすばやく正確に行い、少しの異変にも気づいて結果の詳細を正確に伝えられるような分析者になること。そのためには数多くの分析機器の取扱いを学んだり知識を増やしたり技術を向上する必要を感じています。毎日が勉強ですが、これまでできなかったことができるようになるなど着実に自分の成長を実感できるのが嬉しいですね。

「いくつもの分析機器の取扱いを覚え、技術の向上を図ることが会社への貢献につながっています」

学校で学んだこと・学生時代

湘央生命科学技術専門学校に入学したのは、好きだった化学や生物など理科を専門的に学べることと動物実験の取扱いを身につけられるからでした。実習がたくさんありましたが、心がけたのは予想や憶測に頼らず事実を確かめるようにしたことです。失敗したときは原因を探るために条件を変えて測定したり関連の論文を探して読んだりしました。また、実験動物の授業ではハンドリング(取扱い)の段階で異常が見られた動物を解剖し、原因を自分の目で確かめました。こうした姿勢と化学・生物の知識や技術を徹底して身につけたことが、今の仕事に活かされています。在学中に取得した中級バイオ技術者の資格も役立っています。

湘央で化学や生物の専門知識を学んだことが、仕事内容を理解する助けとなっている

大河原 直さん

日油株式会社川崎事業所 勤務/応用生物科学科 バイオコース/2020年卒/中学・高校で一番好きだった化学や生物を専門的に学びたくて湘央生命科学技術専門学校に入学した。「バイオコースは少人数制で、先生や同級生、先輩と深いコミュニケーションができるのが良かったですね」。実験では班のメンバーとよく話し合い、協力してそれぞれの役割を果たし、結果を得るための努力を重ねたそうだ。「身につけたコミュニケーション力は社会人になって役立っています」。実験で失敗したときは良い経験だと考えた。「失敗を通して新しい発見があり、失敗の経験は他にも活かせます。また、他の人と共有することでみんなが失敗しなくなります」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
湘央生命科学技術専門学校(専修学校/神奈川)
RECRUIT