• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • 湘南医療福祉専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 松井 宗一先生(専門:救急)

こんな先生・教授から学べます

「命を救う」重責とやりがいを実体験から教えてくれる先生

専門:救急
救急救命科 
松井 宗一先生
先生の取組み内容

救急救命士の仕事は、命を救うこと。救えて当たり前。誰も褒めてくれません。毎日、自分の中で喜びややりがいを噛みしめ、それを糧に明日の仕事に向かうのです。決して簡単なことではありません。肉体的・精神的に厳しいこともあります。それ以前に、資格を取得して仕事に就くことも、生半可な知識と技術、覚悟では叶いません。消防職員・救急救命士として経験を積んできた私たちにできることは、キャリアの中で培った技術や知識、そして想いや経験を、余すことなく学生たちに伝えることです。本校では、国家資格取得に向けての授業のみならず、公務員試験に向けて外部機関と協力して講座を行うなど、全力でサポートを行っています。卒業後に命を救う現場で「湘南医療福祉専門学校の卒業生なら安心だ」と認められるよう、本気で取り組んでいます。

本物の救急車をはじめ、現場で実際に使われている道具を数多く用いて授業は行われている

授業・ゼミの雰囲気

知識と技術は当たり前に、マインドもたたき込まれる場所。それが湘南医療福祉専門学校の救急救命科

腕立て伏せ100回。松井先生の授業はそこからスタートします。「知識・技術は当たり前に、体力の向上にも努めている」と松井先生。国家試験合格率に毎年高い数字を誇る湘南医療福祉専門学校では、公務員2次試験の体力試験も見すえた授業内容になっています。「制服を着たら笑顔はいらない。救急救命士の覚悟を持ち、全員が修得するまで実習を繰り返す」と実技は真剣そのもの。一方、私服で行う座学や補講では笑い声も。先生の災害時の経験談は現場をリアルにイメージでき、心技体すべてが鍛えられる環境が作り上げられています。

座学の授業は和気あいあいとした雰囲気。学生たちは校舎内に設置されたジムで身体を鍛えることもできる

キミへのメッセージ

憧れだけでなく、「心底人の役に立ちたい」という覚悟で挑んでほしい

頻発する大災害。そこで行われた人命救助のエピソードを知って、救急救命士を目指す方が増えています。実際には人の痛みに共感し、命の最前線で活躍する過酷な仕事。憧れではなく、覚悟を持って受験して欲しい。

「消防職員として消防学校に入校した際にしっかりと活躍できるような指導を心がけている」と松井先生

松井 宗一先生

消防職員として30年間勤務する。救急救命士は国家資格として制定された後の、1997年に取得。湘南医療福祉専門学校には、救急救命科が設立された2009年から専任教員として勤務。長い現場勤務の経験をすべて学生たちに伝え、数多くの人材を消防職員や国家公務員として全国に輩出し続けている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

湘南医療福祉専門学校(専修学校/神奈川)