• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • 湘南医療福祉専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 佐藤 慎一先生(救急救命士)

こんな先生・教授から学べます

救急救命士に必要な知識と技術を経験を通して伝える先生

救急救命士
救急救命科 
佐藤 慎一先生
先生の取組み内容

救急救命士の仕事はいち早く傷病者のもとに駆けつけ、適切かつ迅速に処置を行い医療機関へ搬送することです。これは簡単なことではありません。経験に基づいた確かな知識と技術、そして傷病者を助けたいという強い思いがあってこそ職責を果たすことができます。教員の私がやるべきことは、こうした人材を育てるための第一歩を担うことです。救助隊や救急救命士として積み上げてきた現場経験や臨床経験を学生に伝え、卒業後、それらが現場で役立つ知識や技術として生かされることを願っています。また、授業では私の失敗談を話し、なぜ失敗したのか、どこに配慮が足らなかったのかを知らせ、失敗からの学びを通して学生の成長につなげていきます。救急現場で「湘南医療福祉専門学校の卒業生なら任せられる」と認められるように、全力で取り組んでいます。

教科書には書かれていない、私自身が経験から学んだ知識やスキルを分かりやすく学生に伝える

授業・ゼミの雰囲気

実際の現場で役立つ生きた知識や技術を、医療シミュレーターを使った臨場感あふれる実習を通して学ぶ

シミュレーション実習では、佐藤先生が経験してきた災害や救急現場での体験を余すことなく授業に反映し、経験に基づいたシミュレーション訓練を取り入れている。「救急現場では傷病者を観察し、心肺停止の人には人工呼吸や胸骨圧迫による心肺蘇生を行うなど、症状に沿った処置が必要です。その方法をしっかり習得するために医療シミュレーターを使います。現場の処置によって、その後の医療機関での治療にも大きな影響を与えます。人の命を預かる責任ある仕事だからこそ、覚悟して、真剣に学べば本当の救急救命士になることができます。」

救急救命士は医師の指示のもとに薬剤投与も行える。1分1秒をあらそう現場で救急隊と協力して救助にあたる

キミへのメッセージ

「きつい、疲れた、もうだめだ。では人の命は救えない」

私の消防人生を支えてきたのが、この言葉です。災害や救急現場はたしかにきつい。しかし、人のために何かができる救急救命士は素晴らしい仕事です。皆さんもぜひ、この学校で私たちの思いを学んでください。

資格取得に向けた授業はもちろん、外部機関と協力して公務員試験対策講座を行うなど全力で支援しています。

佐藤 慎一先生

専門:シミュレーション実習
略歴:1978年横浜市消防局入局、1980年潜水士資格取得、1985年航空救助員認定、1986年~1992年国際緊急消防救助隊員、1999年救急救命士国家資格取得、2009年アドレナリン投与認定、2010年気管挿管認定、2014年拡大2行為認定、2016年ビデオ硬性喉頭鏡認定、2020年横浜市消防局退職。2020年4月湘南医療福祉専門学校 救急救命科専任教員として着任。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

湘南医療福祉専門学校(専修学校/神奈川)
RECRUIT