• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • 湘南歯科衛生士専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 岩井 美路子先生(心理学)

こんな先生・教授から学べます

自分のことを理解し、人と接することの本質を学べる先生

心理学
歯科衛生士科 
岩井 美路子先生
先生の取組み内容

歯科衛生士は言うまでもなく、人と接していく仕事です。患者さんがどんな気持ちでいるか、それを考え、理解していくことはとても重要。心理学を学ぶことによって、最初に自分のことを理解して、自分を認められるようになります。その上で人を理解し、人を認めてあげられることにつながっていくのです。そうしたプロセスを経て、様々な年齢の患者さんの気持ちを理解し、寄り添うことの本質を知ることができます。心理学は幅が広く、奥が深い学問です。そのため、難しい話になると急に関心が遠のいてしまうことになりかねません。学生は初めて心理学に触れる方たちも多いので、なるべく分かりやすく、基礎的な心理学の紹介から始め、日常的な出来事や自身の生活との関連性から学びの要素を見つけてもらえるように工夫をしています。

「目でみて分かりやすい」をモットーに、写真や動画を使った授業を展開

授業・ゼミの雰囲気

写真や動画を用いて「目でみて分かりやすい」授業になるよう工夫。「リアクションペーパー」で想いの交換も

授業では、「目でみて分かりやすい」をモットーに、プロジェクターで写真や動画を用いて説明をしています。そして、授業の最後の5分間で、心理学に関する質問や授業の感想などを自由に記述してもらう「リアクションペーパー」を用意。生徒の皆さんの本音や、ときにはちょっとした人生相談なども書いてくれて、想いを交換できていくのは楽しいですね。また心理学の難しい話ばかりでなく、恋愛や子育ての話なども取り入れていきながら、人へのアプローチの仕方を学んでもらうなど、興味の持てる内容にしていくことを心がけています。

先生と生徒の距離の近さも魅力。心理学は奥が深く、人生について語り合うことも。

キミへのメッセージ

技術をしっかりと磨きつつ、患者さんに寄り添う気持ちを育んでいきましょう

歯科衛生士の仕事は、患者さんの年齢層も幅が広く、柔軟な対応が必要です。皆さんの若い力を最大限に活かしていけば、必要な素養は十分に備わります。患者さんに寄り添える歯科衛生士をめざして一緒に学びましょう!

岩井 美路子先生

日本女子大学家政学部を卒業後、室内ドアデザイン・製造会社に勤務しながら家族の介護や心理学研究のボランティアに関わる。その後、精神健康分野に関わることをめざし、精神保健福祉士の国家資格を取得。以後、精神障碍者の地域生活支援員として勤務。働きながら、現在は上智大学グリーフケア研究所にて悲嘆者ケアを学んでいる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

湘南歯科衛生士専門学校(専修学校/神奈川)