• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • 湘南平塚看護専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 金井杏莉さん(看護学科/看護師)

病院では実習指導者としても頑張る毎日です

先輩の仕事紹介

人の命を救う看護師の仕事に、大きなやりがいを感じる毎日です

看護師
看護師/2015年卒
金井杏莉さん

この仕事の魅力・やりがい

私が働くのは急性期病院の混合病棟で、緊急入院やオペをする患者さんが多くおられます。患者さんが笑顔で回復して退院されるのはもちろんうれしいですが、急変したときなど、すぐに気づいてドクターに連絡し、命をつなげることができたときにはやりがいを感じます。また今は、平塚市民病院に実習に来た学生さんへの実習指導も担当しています。私自身、学生と関わるのがすごく好きで、みんなフレッシュな気持ちで実習に来てくれるので刺激をもらっていますね。母校の学生が来てくれるときは、先生も一緒なので、自分が学生のときとは違う立場で接することができるのは新鮮で、頑張ろう!という新たなモチベーションにつながっています。

学校で学んだこと・学生時代

3年間の学生生活で印象に残っているのは、とにかく実習が大変だったこと。当校は病院付属の学校ではありませんから、本当に多くの病院に実習に行かせてもらいました。市民病院や共済病院、大学病院や老健、幼稚園など数えきれないほどの施設をまわりました。看護記録や日々のアセスメントなどこなさなければならない課題が多くて大変でしたが、多くの病院を経験できたことで得られるものはとても大きかったと思います。それぞれ看護方針や雰囲気も違い、病院選びをしながら実習できることもメリットでした。当時の経験や学びが今の仕事にしっかりと活きていて、臨床の現場でそれほど困らずにスタートできたのはこの学校のおかげだと思います。

患者さんが元気になるのが何よりのやりがい

分野選びの視点・アドバイス

今の時代は、いざ就職しようと思っても、なかなか自分の思うような職業に就けないと思います。その点、看護師は一生の資格ですから、手にすることで将来的にも就職に困ることはないと思います。専門学校の3年間で勉強していくのは大変ですが、それを乗り越えれば生涯使える資格を手にできるチャンスを得られるので、選択する進路として私はすごくいいと思いました。湘南平塚看護専門学校は、何より先生が指導に熱心で、手厚く教えてもらえたことが今も心に残っています。国家試験への対策でも、先生方が朝早く学校に来てくれて「朝学習」を行ってくれました。国試に合格できたのも、本当に先生たちのおかげだったと今も感謝しています。

毎日丁寧にベッドメイキングを行います

金井杏莉さん

平塚市民病院/看護師/2015年卒/小さな頃に「ナースのお仕事」のドラマを見て、ナースキャップのカッコよさに憧れて、看護師になりたい!と思ったという金井さん。そこから最初の意志を変えることなく、見事自身の夢を実現した。現在勤務する平塚市民病院には、高校時代の社会実習で初めて訪れ、患者さんと親身に向き合う看護師さんの姿を見て「この病院で仕事をしたい」と強く思ったそう。「自分もこんな看護師になりたい!と思わせてくれる看護師さんがいて、この病院に入って一緒に仕事をしたいと思ったんです」と振り返る。日々患者に寄り添い、人の命を救う看護師の仕事に大きなやりがいを感じる毎日ということだ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

湘南平塚看護専門学校(専修学校/神奈川)