• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 上田安子服飾専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 徳田 すずなさん(トップクリエイター学科 トップクリエイターコース/ファッション商品企画・開発・管理)

UEDAでは「感性を磨くことの大切さ」を学びました

先輩の仕事紹介

常にチャレンジする姿勢を大切に。自分のデザインする服をたくさんの人に届けたい!

ファッション商品企画・開発・管理
トップクリエイター学科 卒/2016年卒
徳田 すずなさん

この仕事の魅力・やりがい

セレクトショップを運営するアパレル会社「アーバンリサーチ」のKBFというブランドで、商品企画を担当しています。自分の企画・デザインした洋服を着た方を街で見かけたりすると、とても嬉しくやりがいを感じますね。最近は雑誌やCMでも見かけることがあるので、喜びもひとしおです。常に心掛けていることは、チャレンジする姿勢を持つこと。ファッション業界はこれからも様々なことに挑戦していかなくてはいけないと思っているので、何事にも挑戦する精神を大切にしています。今の目標は、自分のディレクションするコレクションを発表すること!そのために、モノづくりの基礎からしっかり学んでたくさん経験を積んでいきたいですね。

学校で学んだこと・学生時代

在学中は、クリエイティブなモノづくりを学べる環境のなかで、自分の世界観を表現することの大切さを学びました。コレクション研修、デザイナー授業やインターンシップなど、実践的な授業をとおして感性を磨いていけることがUEDAの魅力です。なかでも、パリ研修では、間近で世界最大のファッションの祭典である「パリ・コレクション」を見学。大きな刺激を受け、私も世界にも通用するデザイナーになりたいという目標ができました。コンテストや課題などで困っている時は、すぐに担任の先生や講師の先生が個別に指導してくださったことが、とても有難かったですね。プライベートな話しや悩み事なども聞いてくださる良い先生ばかりでした。

パリコレに出展。英語でバイヤーの方と交渉する機会も!

分野選びの視点・アドバイス

ファッション以外の色々なものに興味を持つことを心掛けてください。アパレル企業は環境問題の影響などでますます進化しているので、これからも様々なことに柔軟に対応できる力が求められていくと思います。とにかく経験の数が大事!インプットした分、アウトプットもできます。私はUEDAで、興味のあるなしに関わらず、外部コンテストの見学や美術鑑賞などたくさん良いモノを見て感性を磨いていきました。インプットしてきたものは、すべて自分を表現する種に。それを活かして、ファッションコンテストに入賞できたり、イラストコテンストで最優秀賞を受賞することができました。ぜひ、みなさんも学生時代に様々なことに挑戦してください。

学生時代に、たくさん良いモノを見て、感じてください

徳田 すずなさん

株式会社アーバンリサーチ勤務/トップクリエイター学科 卒/2016年卒/幼い頃から洋服が好きで、自分のデザインする服を作りたいという夢を叶えるために、上田安子服飾専門学校に入学。卒業後に、株式会社アーバンリサーチに入社。現在は商品企画を担当し、洋服の企画・デザインを行う。在学中に一生懸命学んだデザイン画を描くスキルが、今の仕事にとても役に立っているとか。充実した学生生活を振り返り、「UEDAでは、パリ研修や東京研修などの貴重な経験を通して、成長することができました」と語る徳田さん。何事にもチャレンジする精神を忘れず、目標である自身がディレクションするコレクション発表に向けて、日々邁進している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

上田安子服飾専門学校(専修学校/大阪)