• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 神奈川
  • 横浜医療情報専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医療事務科
  • 医療情報コース

横浜医療情報専門学校 医療事務科 医療情報コース

定員数:
80人 (学科全体)

医療事務+パソコン活用スキルを学んで、これからの医療を支える専門職に!

学べる学問
  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    情報学とは、社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問です。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • 医療事務・秘書

    医学・医療知識を備えた秘書

    医療秘書は医師のスケジュール管理、ファイリング、資料作成など医師のアシスタント的な役割をする。医療事務は医療雑務の処理をはじめ、患者さんと医師、看護師と臨床検査技師など医療関連職種の人たちとの橋渡しをする。具体的にはカルテの管理や患者さんの応対、会議の準備や窓口受付業務、レセプト作成、会計事務など、仕事の幅は広い。

  • 病棟クラーク

    医師・看護師をサポートする事務部門の専門スタッフ

    入院施設がある病院の病棟(ナースステーション)に勤務し、医師・看護師の仕事を事務面からサポートする仕事。病棟クラークのおかげで、医師は診察、看護師は看護に時間を充てることができることから、医療サービスの質の向上を目指して導入されるようになった比較的新しい職種です。病棟クラークは、医師・看護師の補佐役に加え、ほかの病院や患者さんの窓口にもなるため、医療事務の知識・スキル、コミュニケーション力や接遇マナーが問われます。病棟クラークになるために必須の資格や免許、学歴はなく、医療福祉系の大学や専門学校で基礎的な知識・スキルを学び、医療事務系の民間資格を取得して就職に臨む場合が多いようです。似た職種である医療事務と比べるとまだ認知度は低いですが、医師・看護師の業務を幅広くサポートできる人材として、現場からのニーズは年々高まっています。

  • 医療情報管理者

    医療情報を管理し、研究や広報にも活用

    カルテをはじめとする院内の診療記録を整理し、必要なときすばやく提供できるように管理する。この情報を加工し、病気や診療統計をまとめ、研究や広報のために提供することもある。多くの患者が訪れる大規模な病院では専門職として勤務する場合もある。

初年度納入金:2021年度納入金(参考) 98万円  (※入学金20万円含む)
年限:2年制

横浜医療情報専門学校 医療事務科 医療情報コースの学科の特長

医療事務科 医療情報コースの学ぶ内容

医療事務の専門スキル+パソコン活用スキルを身につけ、頼られるスタッフに!
医療に加えてパソコンスキルを身につけます。レセプトコンピュータや電子カルテが導入され、IT化が進んでいく医療業界では、パソコン活用の専門知識を持った医療事務スタッフが求められています。医療とパソコン両方の知識とスキルを身につけ、患者様が安心して受診できるよう、医師や看護師をサポートします。

医療事務科 医療情報コースのカリキュラム

希望する進路に合わせて選べる4つのコース!
「医療事務」「医療情報」「小児クラーク」「調剤薬局」から自分の興味に合わせてコースを選べます。入学後にもコースの変更が可能なので、学びながらやりたいことを探せます。2年間学んだ後はさらにワンランク上の資格をめざして診療情報管理専攻科へ内部進学することも可能です。

医療事務科 医療情報コースの実習

実践的なスキルが身につく2つの実習!
卒業後、安心して医療の現場で働くことができるように、学内実習室で実際にからだを動かしながら受付や診察室へのご案内方法を学ぶことができます。さらに身につけた知識とスキルを活かして、希望者は実際に病院で実習を受けることもできて、よりリアルな現場に触れられます。

医療事務科 医療情報コースの卒業後

パソコンを活用して医療に携わる事務スタッフに!
受付から会計、診療費の請求手続きまで、すべての事務作業を担当する医療事務。パソコンを活用することでミスなく効率的に仕事を進めることができます。患者様が安心して頼れる「質の高い医療」を提供できる医療事務スタッフになることができます。

医療事務科 医療情報コースの資格

IT化が進む医療業界で活躍するための資格が無理なく取れる!
担任と資格担当の先生が一人ひとり丁寧にフォローします。資格試験日が近づくと資格対策特別時間割に変わるため、無理なく、効率的に対策を行うことができます。
主な目標資格は、診療報酬請求事務能力認定試験、医療秘書技能検定、秘書技能検定、Word文書処理技能認定試験、Excel表計算処理技能認定試験 ほか。

医療事務科 医療情報コースの奨学金

充実の学費支援制度で、進学を応援
漢検・英検3級などの資格や部活の実績等で学費が5万~80万5千円減免となる特待生制度や、岩崎学園奨学生(年50万円貸与・無利息)、岩崎学園 学費分割納入制度など、進学を応援する制度が充実。一人ひとりに合った入学方法・奨学金プランをご用意。早期AOエントリーで特待生のチャンスも。詳しくはオープンキャンパスで。

横浜医療情報専門学校 医療事務科のオープンキャンパスに行こう

医療事務科のOCストーリーズ

横浜医療情報専門学校 医療事務科 医療情報コースの学べる学問

横浜医療情報専門学校 医療事務科 医療情報コースの目指せる仕事

横浜医療情報専門学校 医療事務科 医療情報コースの資格 

医療事務科 医療情報コースの受験資格が得られる資格

  • 診療情報管理士 (診療情報管理専攻科(1年制)への内部進学が必要)

医療事務科 医療情報コースの目標とする資格

    • 診療報酬請求事務能力認定試験 、
    • 医療秘書技能検定試験 、
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) 、
    • Word文書処理技能認定試験 、
    • Excel(R)表計算処理技能認定試験 、
    • Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験 、
    • 介護事務管理士(R) 、
    • 秘書技能検定 、
    • 登録販売者<国> 、
    • アロマテラピー検定 、
    • サービス接遇検定 、
    • ビジネス実務マナー検定

    医事コンピュータ技能検定、医師事務作業補助者、調剤事務管理士 ほか

横浜医療情報専門学校 医療事務科 医療情報コースの就職率・卒業後の進路 

医療事務科 医療情報コースの主な就職先/内定先

    日本医科大学(大学病院)、昭和大学(大学病院)、順天堂大学(大学病院)、横須賀共済病院、済生会横浜市東部病院、東京品川病院、大船中央病院、太田総合病院、YKいわさきクリニック、日立ヘルスケアシステムズ ほか

※ 内定先一覧

(2021年3月卒業予定者内定先/2020年12月現在)

横浜医療情報専門学校 医療事務科 医療情報コースの問い合わせ先・所在地・アクセス

〒222-0033神奈川県横浜市港北区新横浜2-4-10
TEL:0120-423-114(入学情報専用フリーダイヤル)
jsmail@iwasaki.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
神奈川県横浜市港北区新横浜2-4-10 横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜」駅から徒歩 1分
JR横浜線・東海道新幹線「新横浜」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内


RECRUIT