• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 織田ファッション専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 松野 仁美さん(スタイリスト科/ファッションスタイリスト)

テレビ収録中の局の廊下や衣装・小物のリース先で、自分と同じようにスタイリストとして活躍する織田の同級生と会うことも。今でも互いに切磋琢磨できる仲間です。

先輩の仕事紹介

準備を重ねた上で迎える撮影当日。こうして自らスタイリングを手掛けた広告を、テレビや街で目にする大きな喜び。

ファッションスタイリスト
スタイリスト科/2015年卒
松野 仁美さん

この仕事の魅力・やりがい

CMや雑誌等を中心にフリースタイリストとして活動しています。スタイリストの仕事は業界や撮影現場の華やかなイメージとは異なり、事前の準備が大きなウェイトを占めます。CM撮影の衣装準備では、ディレクターやクライアントのイメージに応える布地・衣装を求めて、プレスルーム、リースショップ、路面店などを片っ端からあたります。山のような準備に追われる中で、ようやく撮影当日を迎えることができます。スタイリストとして働く上で原動力となるのは、やはり「服が好き」という気持ちです。そして自分が携わった広告などが公開されて街やテレビ等で見た時は、自分の作品が世に出たという大きな喜びを感じることができます。

学校で学んだこと・学生時代

織田の魅力のひとつは、現場を想定した実践的な学びの多さだと思います。雑誌を模擬制作する授業では、衣装・小物の手配や扱い方やモデルへのフィッティング(着付け)、編集作業でのクレジットの打ち方などを限りなく現場に忠実に、シミュレーションしながら学びを深めていくことができました。例えばプロの現場に出て衣装・小物を使用する際は、サンプル品を企業等から借りることもあります。それを汚さずに元と同じ状態で返却するための細やかなテクニックも、これら授業を通じてしっかりと習得できるのです。実際に学生時代に参加したインターンシップ先で、こうして身に着けたテクニックをプロの方から褒められたこともありましたよ。

広告などで着ている衣装は、私たちスタイリストがモデルさんのサイズに合わせて後ろを縫ったり、ピンで固定したりすることもあります。

業界ココだけ話!

今も胸を張って言えるのは、学生時代に織田の学びの仕組みをフル活用したということです。織田では1年次からプロの現場でのインターンシップに参加できます。そこで私は、その募集があれば率先して参加し、現場のスピード感や緊張感を体感したのはもちろん、さまざまなスタイリストの方のスタイリングや仕事のスタイルを実際に現場で、自分自身の目で見て学びました。そしてこの経験は、スタイリスト志望者であった私にとって大きな進路決定の決め手になりました。また、インターンシップ先で卒業後に師事する師匠と出会うことができました。スタイリストを本気でめざすのであれば、インターンシップへ参加することを強くオススメします。

幅広い分野でさまざまな人と関わり仕事をするスタイリストにとってコミュニケーションはとても重要なものです。

松野 仁美さん

フリースタイリスト/スタイリスト科/2015年卒/中高生の頃からファッションに興味を持ち、高校時代にはスタイリストのクレジットをチェックしながらファッション誌を読んでいたという松野さん。スタイリストをめざして入学。織田の少人数制の教育とインターンシップなど実践的な学びの多さが入学の決め手だったそうです。卒業後はインターンシップ先で出会ったスタイリストに師事。3年間の下積みを経て2018年に独立し、CM等で活躍する毎日です。「絶対にスタイリストになる。そんな気持ちだけでひたすらに突っ走って来ました。独り立ちした今、日本のみならず世界でも活躍できるスタイリストとして成長していきたいです」(松野さん)

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
織田ファッション専門学校(専修学校/東京)