• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 織田栄養専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 鈴木 寧々さん(栄養士科(2年制課程)/栄養士)

東京都認可/専修学校/東京

オダエイヨウセンモンガッコウ

保育園の栄養士として、子どもたちの「おいしい!」の声に喜びもひとしおです!

先輩の仕事紹介

一生続けていきたいと心から思える仕事。それが、私にとって「栄養士」でした。

栄養士
栄養士科/2016年卒
鈴木 寧々さん

この仕事の魅力・やりがい

「食」を通じて人々を笑顔にし、健康を支える栄養士であることを、私は誇りとしています。さらに身体づくりには欠かせない「食」と「栄養」について、働く中でたくさんの知識を吸収し、自身の生活で実践できることは、この仕事の魅力といえるでしょう。私は保育園で栄養士を務めています。先日は節分の時に特別メニューを披露しました。鬼のパンツの形をしたひじき入りの卵焼きや、鬼の顔をかたどったパンなど、栄養バランス抜群で見た目もかわいい給食・おやつを前に、子どもたちは大はしゃぎ。「ねねせんせい、今日もおかわりしちゃったよ!」「いつもおいしい給食をありがとう!」。そんな子どもたちの元気いっぱいの声が、仕事の原動力です。

学校で学んだこと・学生時代

織田栄養専門学校での2年間はとても有意義な時間を過ごすことができました。これも生徒思いの先生方の細やかな支えがあったおかげだと思います。なかでも印象に残っている授業は「臨床栄養学演習」です。この授業では、病気予防のためにはどのような食生活が大切なのかといったことを交えて深く学んでいきました。そしてここでの学びは保育園で働く今、子どもたちの成長に不可欠なカルシウムや鉄分などの栄養素を意識した献立作成にも活かされています。今後も保育園での給食提供や食育活動を通じて、一人でも多くの子どもたちにその人生の礎となる「食」の楽しさと喜びを伝え、「食」への興味を育んでいきたいです。

子どもたちが大好きな「おやつ」を準備しています。

分野選びの視点・アドバイス

社会に出ると1日の大半は「仕事」をして過ごします。だから私は自ら意欲的に知識を吸収し、スキルを高めたいと思える仕事や、心からのやりがいや使命感を感じられる仕事を選ぶことが、人生の豊かさにもつながると考えています。そしてその仕事こそ、私にとっては栄養士だったのです。「食」は誰にとっても欠かせないものです。また女性であれば、結婚・出産などライフスタイルの変化に合わせて自身の生活の中で栄養士としての知識とスキルを活かすことができます。まさに「一生の仕事」にできるのが、栄養士だと感じています。今、進路を考えている皆さんも、まずは「自分が好きなこと」を見つめ直すことから、始めてみてはいかがでしょうか。

食事の提供に関しては、まず「安全第一」を心がけています。

鈴木 寧々さん

株式会社LEOC(東京都・東小岩おひさま保育園勤務)/栄養士科/2016年卒/学生時代は「臨床栄養学」への関心から、病院での約2週間の校外実習に参加した鈴木さん。当時のことを「医療の現場で必要な栄養療法とは何か。それを深く考える貴重な経験になりました」と振り返ります。織田栄養専門学校を卒業後、病院・社会福祉施設や企業・学校の食堂などで幅広くフードサービスを展開する企業・LEOCに入社。現在はさらなるキャリアアップを視野に、「管理栄養士」の国家試験突破をめざしています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

織田栄養専門学校(専修学校/東京)