• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 織田調理師専門学校
  • 在校生レポート一覧
  • 坪根 力希さん(調理技術経営学科(2年制課程)/1年生)

プロの厨房に近い設備を使って、常に現場をイメージしながら実習に取り組んでいます。

キャンパスライフレポート

充実の設備、現場目線のアドバイスなど、プロの技と知恵がつまった実習です!

調理技術経営学科(2年制課程) 1年生
坪根 力希さん
  • 神奈川県 神奈川県立新羽高等学校 卒

私のキャンパスライフShot!

  • キャンパスライフPhoto

    食材の特性を踏まえた上で、切り方一つにもプロの技術が求められます。

  • キャンパスライフPhoto

    先生との距離が近く、わからないことは何でも気軽に聞いています。

  • キャンパスライフPhoto

    実習で学んだことは、アルバイト先の飲食店のキッチンでも活かしています。

学校で学んでいること・学生生活

実習では豊富な現場経験を持つ先生方から、和・洋・中・製菓製パンと幅広いジャンルの料理を学んでいます。プロの料理人の技と知恵がつまったデモンストレーションでは、高度な技術を細部に至るまでみっちり学ぶことができます。現場目線の実践的で的確なアドバイスをもらえるのも、将来に向けての自信につながっています。

これから叶えたい夢・目標

もともとイタリア料理を食べるのが好きだった私は、自分が作った料理をお客様に提供したいという思いが強まり、料理人をめざしました。将来は西洋料理に進もうと決めています。2年次からは西洋料理の専門用語をはじめ、切り方・加熱方法・味付けといった調理法などをより高いレベルまで追求していきたいと考えています。

この分野・学校を選んだ理由

入学前から学ぶ料理を一つにしぼるのではなく、すべてのジャンルを学べる点がodaを選んだ決め手です。さらに「体験入学」に参加した際に先生と学生の距離の近さを感じ、ここであれば丁寧な指導が受けられると確信できたのも大きかったです。

分野選びの視点・アドバイス

現場に近い設備をそろえた実習室で、調理の基礎から応用まで学べる環境はodaのポイントの一つです。今からこうした設備に慣れておくことで、卒業後は自信を持って現場に出ることができます。また、飲食店でアルバイトを経験しておくのも、現場を知る上でオススメです。

1週間のタイムスケジュール

 
1限目 調理実習 食品と栄養の特性 調理理論と食文化概論 調理実習 保健体育
2限目 調理実習 食品と栄養の特性 調理理論と食文化概論 調理実習 保健体育
3限目 食品と栄養の特性 調理実習 食品加工実習 食品の安全と衛生 調理実習
4限目 調理実習 食品加工実習 食生活と健康 調理実習
5限目
6限目

「調理理論」は豆知識が学べるので楽しいです。また、odaがある中野駅付近にはさまざまなジャンルの飲食店が多く、昼休みにはランチも兼ねて気になる料理を学ぶこともできます。(※タイムスケジュールは1年次)

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

織田調理師専門学校(専修学校/東京)