• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 織田調理師専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 春原 慶輔先生(集団調理実習)

こんな先生・教授から学べます

集団調理の基本とチームワークの大切さを教えてくれる先生

集団調理実習
調理製菓製パン科(2年制課程) 
春原 慶輔先生
先生の取組み内容

私が担当する「集団調理実習」では、ひと班6~7人を基本に、専用教室を使って80~100食を作ります。栄養計算に基づく献立作成から、徹底した衛生管理のもとで行う調理まで、集団調理の一連の流れを実践的に学んでいきます。実際の現場では、保育所・病院・介護福祉施設・社員食堂など、それぞれの施設にあった味付けや食事形態などを工夫する必要があります。しかし、いずれも「健康」と「美味しさ」の両立が大切だと考えています。また、自身の現場経験から、集団調理では仲間との密な連携とコミュニケーションが仕上がりを左右すると感じています。サイズをそろえて野菜を切る、全員で味見をするといったチームワークが取れている班は、美味しく作ることができます。そういったことも含めて、学生の皆さんにはしっかりとコツを伝えていきたいですね。

数十食分のキーマカレー作りに挑戦するオープンキャンパスも実施!

授業・ゼミの雰囲気

「献立作成」「調理」「フィードバック」の3本立てで、集団調理の一連の流れを実践的に学ぶ実習。

巨大な鍋、ボール、しゃもじなど、集団調理で使う調理器具のサイズに驚く新入生も多いと言います。春原先生の授業では、主食・主菜・副菜・デザートの構成を基本とした「献立作成」、献立を基にした「調理」、最後の「反省会」という3本立てで集団調理を学びます。毎回試食をするのはodaの先生たち。味付けの濃淡や盛り付けの美しさなど、試食を通じてプロ目線の鋭いフィードバックをもらい、学生たちは反省会で振り返りを行います。「改善を図って次に活かしていく。集団調理実習では、この積み重ねによって上達を実感できますよ!」

「健康は日々の食事から。美味しくて健康的な食事を通して、人々に喜んでもらえる調理師をめざしましょう」

キミへのメッセージ

チャレンジングなマインドを持って、活躍のフィールドを広げてください!

これから調理師をめざす若い皆さんは、高いモチベーションを持って様々なことに挑戦する中で、自身の可能性をぜひ広げてください!「料理が好き!」という思いが、そんな皆さんの大きな原動力になるはずです。

春原 慶輔先生

健康や栄養への関心から、栄養士をめざしたという春原先生。専門学校を卒業後、保育所や幼稚園、介護福祉施設、病院等の給食サービスなどを展開する株式会社ミールケアに就職。同社在職中に管理栄養士の資格を取得し、8年間の現場経験を経て、2020年4月より織田調理師専門学校に着任。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

織田調理師専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT