• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 新潟高度情報専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 情報システム科(2年制)

新潟県認可/専修学校/新潟

ニイガタコウドジョウホウセンモンガッコウ

情報システム科(2年制)

定員数:
40人

2年間で知識と技術を身につけ即戦力に!IT業界への就職を目指す

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。中でも、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究するのが通信工学です。その研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。1、2年次は、通信工学の基礎となる数学と電磁気学をしっかり学びます。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。多くの場合3年次に研究室に配属され、4年次には、卒業研究と発表を行います。卒業後は、IT系や通信事業を中心に、さまざまな道が開けています。今後、IoT化が進むことを考えると、活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

目指せる仕事
  • OAオペレーター

    ワープロ文書などのビジネス書類作成のプロ

    ワープロを駆使して文書を入力、編集、校正し、書類を作成したり、オフィス事務関連をより効率的に作成するのがOAオペレーターの仕事。オペレーターにはより早く、より正確に文書を作成する技術力が必要とされる。また、それ以上に図表も描き、美しくレイアウトした文書作成技能が要求される。

  • WEBデザイナー・クリエイター

    使いやすいウェブサイトをデザインする

    インターネットのページをデザインするウェブデザイナーは、誌面のデザインとちがいナビゲーションのためのボタンの位置や、そのページに盛り込む情報の取捨選択など、画面になった時に利用者が、その画面を見て次の画面をわかりやすく選択できるような情報デザインの視点が求められる

  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • セールスエンジニア

    コンピュータの知識豊富な販売員

    中・大型コンピュータ、OA機器販売をする仕事。単に販売するだけではなく、最新システム情報の提供や、経営面でのコンサルティングも担うので、システムの専門知識や、コンピュータ操作力、技術力なども求められる。

  • システムアドミニストレータ

    情報処理の利用・導入の推進者

    情報の利用者として、業務の改善や情報の利活用を促進するための企画を立て、必要に応じて他部門との調整など、システム部門と協力しながら情報化の推進を行う仕事。複数の業務をマネジメントし、能動的に業務改革や改善を行う重要な役どころ。

  • PCインストラクター

    パソコンの基本操作やソフトの使い方をわかりやすく指導

    パソコンスクールやパソコン教室で、一般のユーザーに対して、パソコンの基本操作や代表的なビジネスソフトの使い方などを指導する。パソコン初心者や操作経験の浅い人を教えることも多いため、単にパソコンに詳しいだけではなく、初心者が戸惑いがちなポイントを押さえてわかりやすく指導する技術も大切になる。資格がなくても仕事に就くことはできるが、ソフトメーカーや業界団体などが認定するインストラクター資格を取得して活躍している人が多い。企業や個人宅に出張して指導する場合もある。

  • アプリケーションエンジニア

    企業の情報システムを構成する個別システムの設計・開発を担当

    コンサルティング会社やシステム開発を行うIT系企業が、顧客(企業)に対して新たな情報システムを提案する際、システム全体の大まかな企画・設計はシステムコンサルタントやシステムアナリストが担当する。ただし、企業の情報システムは数多くのシステムの集合体なので、個別のシステムをどう設計するかも重要。この個別のシステムの設計・開発を担当するのがアプリケーションエンジニアだ。システムの役割や目的を理解し、適切な設計をして、システムエンジニア、プログラマーなどで構成される開発チームに指示をするのが仕事。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

  • カスタマーエンジニア(ソフトウェア・ネットワーク)

    顧客である企業を訪問し、コンピュータシステムの導入・保守・修理を担当

    コンピュータシステムやネットワークシステムの導入や保守・点検、修理などを担当するエンジニア。顧客である企業などを訪問し、現場で仕事をする。新たにシステムを導入する際には、機器のセッティングやソフトウェアの設定、操作の指導などを行い、導入後も定期点検を行う。また、システムにトラブルが発生した場合は、現場に急行して原因を究明し、復旧する。ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークに関する幅広い知識やコミュニケーション能力が求められる仕事だ。

初年度納入金:2019年度納入金(参考) 105万円 
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

コンピュータを基礎から学び、IT業界で求められるスキルを習得
プログラミングやネットワーク・セキュリティ、アプリ開発など、ITの基礎から最新技術まで、実践的な授業で学びます。プログラムやシステムは個人制作だけでなく、複数人でのチーム制作も行われるため、ITスキルに加えてプレゼンテーションやコミュニケーションなどのヒューマンスキルも身につけます。

カリキュラム

2年間で最新のシステム開発、アプリ開発技術を学ぶ
1年次はIT関連業務の基礎となるコンピュータと、システムやアプリの開発に必要となるプログラミング言語の習得を中心に、各種アプリケーションやWeb関連技術など幅広く学びます。2年次はネットワーク、セキュリティ、データベースなどのIT基盤となる専門技術を学び、より実践的にプログラミング技術を磨きます。

授業

実践型授業で、楽しみながら現場で役立つスキルが身につく
パソコン教室の企画・運営や地元の活性化を目的としたアプリ開発など、企業や地域とのコラボレーションが多く実現!クラスやチームで協力して取り組む学びで、楽しみながら活きたスキルを身につけます。対外的な活動を通して、実務に必要な折衝力やアクションサイクル(PDCA)を養います。

先生

問題に直面しても、相談しやすいクラス担任のまごころサポートで安心
普段の学校生活から勉強や就職に至るまで、クラス担任が学生一人ひとりの個性や得意・不得意を把握しながら、それぞれに合わせたサポートをしていきます。学びの重要性や資格取得の意味、将来どのように役立つのかなど、具体的にアドバイスしながら、個々の目標や希望就職の実現を目指していきます。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    いつか起業して、誰かの暮らしを手助けできるような会社を作りたい!

    「少人数教育」に惹かれたことがイチバン。資格のサポートが手厚いのも魅力で、実際に「基本情報処理技術者試験」の合格率も高くなっています。これを取得したら、次はさらに高次の資格に挑戦していきたいです!

    新潟高度情報専門学校の学生

資格

基礎からのステップアップ学習に加えて、情報系国家試験一部免除認定講座で資格取得が有利
基礎からステップアップしながら学ぶので、初めての勉強でも十分に資格取得が目指せます。また、認定資格講座修了と認められることで「基本情報技術者」(国家試験)の問題が一部免除。さらに本校はさまざまな資格試験やベンダー資格の受験会場校でもあるので、各種資格試験を本校の試験センターで受験することができます。

奨学金

入学から卒業までの経済的負担の軽減が可能な独自の学費支援制度
入学時に特待生制度など各種奨学金制度が適用されると、入学初年度学費が免除。入学後にも学業成績内容によって学費免除の適用が受けられる学内優待生制度があります。併用することで入学から卒業まで学費免除が受けられます。詳しくは本校までお問い合わせください。

募集コース・専攻一覧

  • システム開発コース

  • アプリ開発コース

  • ITビジネスコース

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 応用情報技術者試験<国> 、
    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • Java SE 8 認定資格 (Oracle Certified Java Programmer) 、
    • CCNA【Cisco Certified Network Associate】 、
    • OSS-DB技術者認定資格

    ほか

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒950-0084 新潟県新潟市中央区明石1-3-12
入学広報課:0120-66-4855(フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟県新潟市中央区明石1-3-12 「新潟」駅から万代口より右折 徒歩 7分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース