• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 新大阪歯科技工士専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 上西 永司先生(歯科技工士)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

シンオオサカシカギコウシセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

歯科技工の仕事を、さまざまな視点で指導する先生

歯科技工士
歯科技工科 
上西 永司先生
先生の取組み内容

歯科技工の仕事は、歯にかぶせる「クラウン」の製作と、「デンチャー」と呼ばれる入れ歯の製作に大きく分かれます。私の専門はデンチャー。歯科技工士として働いていた頃から入れ歯を専門としており、授業でも入れ歯の製作を中心に指導しています。この仕事の魅力は、やはりお年寄りに食べたいものを食べてもらえるところ。長年がんばってきた方に、現役を引退してからも食べたいものを食べられる喜びを提供できることは、大きなやりがいですね。歯科技工の仕事は技術が第一と考えられがちですが、私がそれ以上に重要視しているのが、コミュニケーションの力。歯科技工は医療であり、ドクターや歯科衛生士、材料メーカーなど多くの方との連携が必要です。授業では、技術とともに、話す力、聞く力の育成にも力を入れています。

学生には、単なるものづくりではなく医療であることを、早い段階から意識させる授業を行っています

授業・ゼミの雰囲気

実際の画像や模型を使用した、臨床現場を実感できる授業。タイムリーなニュースの話題で幅広い視野も育成

「歯科技工士は患者さんとの接点が少ないので、ものづくりの自己満足に陥りやすいんです」と語る上西先生。授業では、教科書だけでなく自ら用意した現場の写真や模型などを使って、より臨床現場を実感してもらえる工夫をしています。また歯科技工の世界だけでなく、広い視野で社会を見ることができるよう、一般的な企業との違いや関連性を説明したり、社会のニュースなどの話題も取り入れながら授業を進めます。時には、時事問題に対して学生に意見を求めることも。双方向の授業で、幅広い視野を持った歯科技工士の育成を目指しています。

学生たちが現場を理解しやすいよう、自ら集めた臨床の画像や模型も教材として使用しています

キミへのメッセージ

悩んで諦めるのではなく、目標があるなら先ずアクションを!

小さなことでも良いので、目標を持ったなら先ず行動してください。悩んでいるだけでは前に進みません。少しでも興味があるならアクションを起こしてみる。そこから必ず道は拓けます。諦めずに頑張ってください。

「学生に指導するためには、自らも常に成長する努力は怠らないようにしています」と語る上西先生

上西 永司先生

専門:デンチャー(入れ歯)/歯科技工士
新大阪歯科技工士専門学校卒業後は、研修制度を利用して勤務していた歯科技工所にそのまま就職。数年後、将来の独立を考え学校へ相談に訪れた際、教員の誘いを受け、指導者となる。現在は、歯科技工科II部(夜間)の担任を持ちながら、入れ歯の授業を中心に指導。最新の情報を学生たちに伝えるため、学会などへも精力的に参加し、自ら発表なども行っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

新大阪歯科技工士専門学校(専修学校/大阪)