• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 兵庫
  • 神戸国際調理製菓専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 三木 優佳さん(調理師科/昼間部1年/調理師)

憧れのホテルで料理をつくる夢を実現しました!

先輩の仕事紹介

日々の積み重ねがプロとしての成長に。もっといろんなことを経験したい!

調理師
調理師科(Wライセンスコース)/昼間部1年/2019年卒
三木 優佳さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

入社して最初の1年と少しの間は、宴会洋食の冷たい料理をつくる部門=コール場で調理を担当。その後、現在の温かい料理をつくる部門=ホット場を担当させてもらっています。どちらも、大皿料理を提供するオンテーブルや、多彩な料理を用意するビュッフェ、一皿ずつ順番に料理を出すコースなど、プランによって料理の盛り方が違い、その時々によって色んなアレンジができるのはおもしろいですね。また多い時には約500人のお客さまにお料理を提供することもあるのは、宴会洋食部門だから経験できる貴重なこと。仕事を通して日々の積み重ねが成長につながることを実感できていますので、いつも謙虚さを大切に何でも経験しようとしています。

学校で学んだこと・学生時代

学生時代の出来事で思い出すのは、オープンキャンパスの体験実習で先生のアシスタントについたときのこと。メインシェフとして調理を進めていく先生が何を求めているのか、次にどういう動きをするのかなど、自主的に次のことを考えて行動し、状況に合わせて柔軟に対応することで授業は成功。次の工程を常に意識することの大切さを知ることができました。この時の経験は、多くの料理人が連携して、数百人分の料理をつくる今の職場ではすごく役立っています。また、Wライセンスコースで調理と製菓の両方の食材の知識やレシピ、調理法を学んだことで、他部署のヘルプにまわった時に学んだことを活かせ、本当に良かったと思います。

調理と製菓の両方を学んだおかげで幅広い活躍が可能に

これからかなえたい夢・目標

中学時代にお菓子づくりに挑戦し、そのお菓子を友人に渡したら喜んでもらえたことが、食の業界で働きたいと思ったきっかけ。そうして学校で先生から多くのことを学んだおかげで、今私もプロの料理人として1歩を踏み出せていることを幸せに思いますね。ホテルグランヴィア大阪に就職してからは、先輩シェフから学び、任せてもらえることが増えるほどにやりがいを感じ、毎日が充実しています。料理はつくればつくるほど、腕が上達し、食材やレシピを多く知れば知るほど、自分の料理人としての幅も広がり、成長を感じられます。今後は、調理部門に加えてデザート部門でも活躍し、色んな経験を通してプロとしてのレベルを高めていきたいです。

プロの現場は私にとって毎日が貴重な経験の連続です!

三木 優佳さん

ホテルグランヴィア大阪勤務/調理師科(Wライセンスコース)/昼間部1年/2019年卒/中学時代に初めてお菓子をつくって友だちにプレゼントした経験から、人を喜ばせる仕事・料理の世界に興味を持った。学生時代は、Wライセンスコースで調理と製菓の両方を学び、幅広い知識と調理技術を身につけ、現在は、ホテルグランヴィア大阪の宴会洋食部門で温かい料理をつくるホット場を担当。謙虚さを忘れず取り組む姿勢で日々の色んな経験の中から学ぶことを大切にしている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

神戸国際調理製菓専門学校(専修学校/兵庫)
RECRUIT