• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 兵庫
  • 神戸電子専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ゲームソフト学科
  • esportsコース

神戸電子専門学校 ゲームソフト学科 esportsコース(2022年4月設置予定)

esportsの企画・システムインテグレーション・運営までを担うクリエイティブエンジニアを育成

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    情報学とは、社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問です。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • レポーター

    現場で自分の見たものをどう伝えるかが勝負

    芸能、スポーツ、ニュースなど、さまざまなジャンルがある。限られた時間の中で、いかにわかりやすく自分の言葉で伝えられるかがポイント。常に取材対象に興味を持ち続けることが大切で、視聴者の共感を得られるような親しみやすさも欠かせない。

  • 映像プロデューサー

    予算や質的管理など番組全体の制作総括責任者

    テレビ番組などで、番組の企画立案をしたり、スポンサーや出演予定者との交渉、制作予算の管理、質的管理など、番組全体を管理するのが仕事。テレビ局や番組制作会社に入社するとアシスタントから始まり、ディレクター、プロデューサーと役割が徐々に大きくなっていく。

  • 映像ディレクター

    番組制作の監督であり、演出家

    TV番組のコンセプトなどプロデューサーが行った大枠の決定に従って、番組を実質的に制作し、演出するのが仕事。局によっては、取材、構成、台本などまですべて一人で担当する場合もある。アシスタント経験を要するのが現状。

  • 照明スタッフ

    場面や、構成に合わせてライティングする

    舞台やスタジオなどで照明を操る。たとえば、コンサートの照明スタッフは、プランナー、チーフオペレーター、オペレーター数名で構成される。プランナーは、曲やコンサートの構成に合わせて照明のプランニングを行い、オペレーターはピンスポットなどの使用する照明ごとのライティングを担当する。

  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • 音楽プロデューサー

    歌手や演奏家の力を引き出す

    歌手、タレントの発掘をはじめ、音楽の方向づけやテーマを決めて作詞・作曲家の選定、売り出し方にいたるまでを総合的に担当する。最近では、ミュージシャンが自ら、他の人をプロデュースするケースも多く、ヒット曲を生み出している。

  • イベントプランナー

    人の心を動かすイベントを企画し、成功へ導く

    イベントプランナーの役割は、新製品発表会や展示会、店舗のオープニングレセプション、音楽イベント、ファッションイベント、スポーツイベント、観光地のPRイベント、オリンピックや万博、国際会議など、さまざまなジャンルのイベントを企画することです。企画したイベントを実行に移すためには、主催者となるクライアントに“実行するに値する、魅力あるイベント”だと認めてもらわなくてはなりません。イベントを生み出すクリエイティブ力のみならず、提案力・プレゼンテーション力・対人コミュニケーション力が重要になる仕事です。なるのに特別な資格や免許は必要ありませんが、イベント・プロモーション部門のある会社に所属し、活躍している人が多いです。採用試験では4年制大学卒の学歴を求められることが少なくありませんが、短大卒や専門学校卒まで間口を広げている会社もあります。最近ではイベントとSNSを連動させることでさらなる広告波及効果をねらう動きが高まっており、イベントプランナーにもそのアイデアが求められています。

  • イベントプロデューサー

    スタッフ選びから経営責任までの総指揮者

    イベントの企画立案にもかかわり、全体的な方向性を決め、スタッフ選びを行い、適材適所に人を配置して、イベントが計画通りに進行するように全体的な指揮をとる。豊富な情報量と企画力はもちろん、決断力、交渉力なども必要。

  • イベント制作スタッフ

    会場作りから広報までイベント全般を担当

    企業の販促イベント、地方自治体の主催する博覧会や展示会、コンサートなどの実施を請け負い、その制作・管理をする。企画や演出にそった会場作り、パンフレットの制作、音響や照明スタッフとの打合わせ、広報活動などを担当。当日も滞りなく進行できるよう受付やアルバイトスタッフの管理などをする。

初年度納入金:2022年度納入金(予定) 132万円 
年限:2年制

神戸電子専門学校 ゲームソフト学科 esportsコースの学科の特長

ゲームソフト学科 esportsコースの学ぶ内容

感動を巻き起こすesportsイベントの企画・システムインテグレーションを学ぶ
新コースでは、多くの観衆に感動を与えるesportsイベントを生み出すために必要な基礎知識や技術を中心に学習。音響機材やカメラ、モニター、照明などの機器、制御するPCを組み合わせるシステムインテグレーションの知識を重点的に学ぶ他、企画や会場運営など、イベントづくりをトータルに学びます(予定)。

ゲームソフト学科 esportsコースのカリキュラム

他学科とも連携して学生自身がイベントの企画・運営に関わり、実践的に学ぶスタイル
オンラインイベントや会場でのリアルイベントに対応できるよう、企画立案・機材選定から進行表作成・キャスティング・会場設営、さらに大会運営・実況配信までを実際のイベントづくりを通して学ぶカリキュラムが充実。サウンドテクニック学科や声優学科など、他学科と連携した授業で実践的に学べます(予定)。

ゲームソフト学科 esportsコースの授業

専門分野を学ぶ科目や実習授業、さらに世界での活躍も視野に入れた外国語の授業など多彩
企画から運営までの総合演習と実習を行う「esports運営」、舞台音響・照明の操作方法を学ぶ「ステージワーク」、VR空間でのイベント会場の構築と運営実習を行う「VR空間構築」などの授業が充実。また海外イベントの開催も視野に入れて英語・中国語・韓国語などの「外国語」の授業も充実します(予定)。

ゲームソフト学科 esportsコースの先生

  • point こんな先生・教授から学べます

    学生自らがイベントを企画し、運営までを行う「企画運営」

    「自ら意欲的に学び、成長に向け努力する=向学心を持った人材に育てたい」との思いを持つ高先生が担当する授業は「企画運営」。企画立案から機材選定、進行表作成、キャスティング、会場設営、大会運営、実況配信まで一連の流れを考え、プレゼンテーションも行う予定。また全員で考えた企画を実際に他…

    神戸電子専門学校の先生
  • point こんな先生・教授から学べます

    イベントのつくり方、運営の仕方を実践的に学ぶ「esports運営」

    松尾先生が指導する「esports運営」の授業では、実際にイベントの企画からプレゼンテーション、運営までを実践的に学べます。プロが使用しているミキサーやスイッチャーなどの機器操作の他、運営時のカメラワークや演出効果の指示方法など、リアルにイベントを運営しながら色んなことを吸収でき…

    神戸電子専門学校の先生

ゲームソフト学科 esportsコースの実習

学生が実施するesportsイベントや外部イベントへの参加を通じ専門性を磨く
定期的にesportsイベントを学生が企画・実施する実習環境を用意。少人数イベントやオンラインイベント、学祭時にはインターネット放送・収録にも対応した校内のソニックホールでの大規模イベントも他学科と連携して実施する中で学びます。また学外のイベントにスタッフとして参加する実習も用意(予定)。

ゲームソフト学科 esportsコースの施設・設備

イベント開催に必要なホール、プロ仕様の音響・照明設備、通信機材が整った環境
コンサート・イベントに使用できる大人数収容のソニックホール、プロも使用している機材を備えたレコーディングスタジオ、映像収録やデジタル編集ができる撮影スタジオの他、照明、音響機器も完備。VR機器やゲーム開発、電子回路設計用のラボなど、色んな実習に使える専用機器・設備が整います(予定)。

ゲームソフト学科 esportsコースの設立の背景

世界の競技人口が増加し、日本でも市場規模が60億円を突破。成長著しいesports
すでに世界では16億ドル以上、2022年には26億ドル以上の市場規模になると予想されるesports。日本でも2019年には60億円以上の規模となり、成長が期待されます。esportsを発展させていくため、イベントの企画・運営までを行えるプロ人材の育成を目的に新コースを開設します(予定)。

神戸電子専門学校 ゲームソフト学科のオープンキャンパスに行こう

ゲームソフト学科のOCストーリーズ

神戸電子専門学校 ゲームソフト学科 esportsコースの学べる学問

神戸電子専門学校 ゲームソフト学科 esportsコースの目指せる仕事

神戸電子専門学校 ゲームソフト学科 esportsコースの資格 

ゲームソフト学科 esportsコースの目標とする資格

    • 情報処理安全確保支援士試験<国> 、
    • ネットワークスペシャリスト試験<国> 、
    • データベーススペシャリスト試験 <国> 、
    • 応用情報技術者試験<国> 、
    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • 情報セキュリティマネジメント試験<国> 、
    • IT パスポート試験<国>

    ほか

神戸電子専門学校 ゲームソフト学科 esportsコースの就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

esportsイベントのスタッフ、プロデューサー、クリエイティブエンジニアなど

神戸電子専門学校 ゲームソフト学科 esportsコースの問い合わせ先・所在地・アクセス

〒650-0002 神戸市中央区北野町1-1-8
FreeDial 0120-449-467

所在地 アクセス 地図・路線案内
兵庫県神戸市中央区北野町1-1-8 JR線「三ノ宮」駅から徒歩 10分
阪急「神戸三宮(阪急・神戸高速)」駅から徒歩 10分
阪神「神戸三宮(阪神)」駅から徒歩 10分
地下鉄「三宮(神戸市営)」駅から徒歩 10分
JR新幹線・地下鉄「新神戸」駅から徒歩 10分

地図

 

路線案内


RECRUIT