• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 神戸電子専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 大阪 莉沙さん(建築インテリアデザイン学科/建築士)

兵庫県認可/専修学校/兵庫

コウベデンシセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

専門知識や技術が身につくを大事に

建築士  として働く  大阪 莉沙さん  にインタビュー!

  • 住宅・建設業界
  • その他専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
  • mixiチェック
インタビュー

お施主様や現場の職人さんと一緒に、建物をつくりあげていく達成感は格別です

この仕事の魅力・やりがい

主に住宅の新築・リフォームなどを行う建築事務所が私の職場。お施主様との打合せから、図面作成、書類申請、現場管理まで、幅広く担当しています。常に多くのプロジェクトが進行中ですが、中でも印象的なのがすでに3年間改修を手掛けている築300年の物件。長く関わっている縁もあり、お施主様の結婚式に呼ばれるほどのお付き合いです。この現場には、日本でも有数の左官職人や瓦職人、構造の専門家など、あらゆるプロフェッショナルが集まっていて、常に刺激的。築300年の歴史を活かしつつ、この後、何百年も存在し続けるような改修を行うことに、やりがいと誇りを感じます。今年中には完成する予定なので、その時がとても楽しみです。

建築士として働く大阪 莉沙さん

家が完成し、お施主様の喜ぶ顔がうれしいですね

建築士として働く大阪 莉沙さん
今の仕事との出会い・きっかけ

いろんな現場に関わることができる事務所です

今の仕事との出会い・きっかけ

私が働く長尾健建築研究所は、住宅をリフォームで変身させる人気テレビ番組に出演したこともある事務所です。就職活動で知ったとき、求人募集はなかったのですが、「積極的にトライした方が良い」と先生からアドバイスをもらい、履歴書を送ったところ、返事がありました。学校の課題で制作した図面などが評価され、まずはオープンデスク(建築や設計の現場で実際の製作を体験できるインターンシップ)として採用されることに。学校から近い事務所だったので、放課後に毎日通い、アルバイトを経て、卒業と同時に正社員として正式採用されました。入所後には、私もテレビ番組の収録に携わることができ、貴重な経験となりました。

私の学生時代!

「学校漬け」と言ってもいいほど毎日学校にいました

私の学生時代!

インテリアデザインコースの一期生だったので、先生との距離も近く、学びやすい環境でした。放課後、先生にわからないところを教えてもらったり、課題のヒントをもらったりとありがたかったです。そうやって学生時代に身につけたCADやCGのスキルは今もとても役に立っていますね。先生から、設計事務所の現場の体験談などを聞けるのもとても楽しかったです。あと、意外かもしれませんが、建築の仕事は人と接することが多いんです。もともと人見知りなところがあった私ですが、学生時代に、先生や友人といろんな話をしたり、オープンキャンパスのお手伝いで高校生に体験談を伝えたりする中で、コミュニケーション能力が磨かれたと思います。

プロフィール

大阪 莉沙さん のプロフィール

長尾健建築研究所勤務/建築インテリアデザイン学科/2010年3月卒/子どものころから、美術や図工が得意で、ものづくりが好きだったことから、神戸電子に新設されたばかりの建築インテリアデザイン学科インテリアデザインコースに一期生として入学。在校中は、熱心に課題に取り組み、照明器具のデザインコンペで受賞した経験も持つ。建築とインテリアと両方を学んだ結果、就職活動では建築の道に進むことを決め、現在の建築事務所に就職。当面の目標は、図面を描くスキルを向上させることだそう。「社会人になると何かと忙しくなるので、学生時代には、いろんな建築を見に出かけた方がいいですよ」と後輩にメッセージをくれた。

この先輩が卒業したのは…

神戸電子専門学校 建築インテリアデザイン学科

学校イメージ

建築設計の基礎・応用と建築CGを利用したデザインテクニックをマスターする。建築CGはデザインイメージをそのまま形にできるコンピュータツールで、業界では必須の技術。建築デザインコースでは、その技術を習得できる。設計の対象は、住宅から店舗、大型建築物までさまざま。建築業界で建築士としての活躍をめざす。また、3年次コースの2級建築士合格保証制度を設置。3年次コースに進学することで確実に2級建築士の合格をめざせる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

神戸電子専門学校(専修学校/兵庫)