• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 神戸電子専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 隈田 和宏さん(情報工学科/カスタマーエンジニア(ソフトウェア・ネットワーク))

兵庫県認可/専修学校/兵庫

コウベデンシセンモンガッコウ

学生時代に学んだことすべてが仕事で役立っています

先輩の仕事紹介

制御装置の正確さをいかに維持していくかが、腕の見せどころですね。

カスタマーエンジニア(ソフトウェア・ネットワーク)
情報工学科/2006年3月卒
隈田 和宏さん

この仕事の魅力・やりがい

メカトロエンジニアとして、主に鉄道の車輪といった制御装置の品質管理を担当しています。毎朝、会社で朝礼の後、品質管理を依頼された企業へ向かい、現場で基盤の保守・調整を行っています。毎日、多くの人が利用する鉄道は正確に動いて当たり前ですから、そのことを常に第一に考えて、制御装置の品質管理を行っています。また、そこにやりがいを感じますね。それに、小学生の頃から機械いじりが好きで、こういった仕事がしたいと思っていましたから。

この分野・仕事を選んだきっかけ

大学で制御関係の勉強を経て、神戸電子へ入学しました。その理由は、電子回路の設計や製作をもっと身につけたいと思ったからなんです。神戸電子では、実際に自分で回路やプログラムをつくります。こういった知識や技術は、数をこなさないと身につきません。昔から機械の組立はパズルみたいでおもしろいと感じていたので、赤外線通信を同級生とペアになって、送信と受信にわかれて製作するなど、実習主体の授業はとても興味深かったです。今の仕事も回路は重要なので、学んだことはそのまま役立っていますよ。

これからかなえたい夢・目標

この仕事は10年の経験が必要といわれています。プロとしてやっていくために、これからも多くのことを経験したいですね。そのために、第3種電気主任技術者の資格取得をめざしています。働きながらの勉強は大変ですが、取得できるよう頑張っています。

隈田 和宏さん

(株)マイスターエンジニアリング勤務/情報工学科/2006年3月卒/小学生の頃から、機械を分解したり、組み立てたりするのが、何より好きだった。それが忘れられず、専門学校で回路設計の基礎からデジタル設計スキルを身につけ、メカトロエンジニアになる。現在、鉄道車両の品質管理を行っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

神戸電子専門学校(専修学校/兵庫)