• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 兵庫
  • 神戸電子専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 大谷 あゆこさん(声優タレント学科/声優)

兵庫県認可/専修学校/兵庫

コウベデンシセンモンガッコウ

声優としての仕事を増やすため、今も学び続けています

先輩の仕事紹介

候補生に合格し、声優としての一歩をスタート。日々成長を感じながら学び続けています

声優
声優タレント学科/2008年3月卒
大谷 あゆこさん

この仕事の魅力・やりがい

神戸電子専門学校を卒業後、東京にある事務所の預かりジュニア候補生としてレッスンやワークショップに励んでいます。レッスンは学生時代にもやってきたことですが、違うのはその目的。「演技が上手になる」ことから、「タレントとして仕事をもらう」ことが現在の目的です。セリフを覚えられた、声を聞き分けられる耳になってきた、先輩に名前を覚えてもらえた…。どんなに小さなことでも、自分の成長を感じるのはとても嬉しいですね。そこからさらに上をめざして課題を見つけたり、自分に足りない力を鍛えたりと、「自分が声優としてどんな方向に進みたいか。そのために、何が必要か」を考えながら日々のレッスンに取り組んでいます。

学校で学んだこと・学生時代

声優をめざすための学びは、高校までの勉強とは全く違うので、やること全てが新鮮でした。1年生の時にデジタルアニメ学科とのコラボレーションアニメで主役に選ばれたときには、戸惑いながらも挑戦。演技もまだ上手にできない中で、周囲の人に迷惑をかけてしまうことも多く、ふがいなさに涙したこともありましたが、あの時に自分の役を投げ出さずやり遂げたからこそ、どんな状況からも逃げ出さない強さを身につけられたと思います。神戸電子には他学科とのコラボレーションや校内イベントの司会などステージに上がる機会も多かったため、人前に立つという緊張感を味わいながら自分自身を表現できるチャンスに恵まれたことが大きな収穫でした。

大切にしているのは、いつも笑顔でいること!

分野選びの視点・アドバイス

声優や役者をめざす道は、決して平坦なものではないと思います。それでもこの仕事に大きな魅力を感じ、芝居の道を進むと決めたなら、一人でも多く自分のファンを作ることを目標にしてください。私の場合も、上京する前に卒業公演を観に来てくれた親に「あなたならきっと大丈夫!」と背中を押してもらえたことが支えになっています。誰からも認められないことだって少なくない芝居の道。だからこそ、自分自身の演技で家族はもちろん多くの人を「説得」できる力を、専門学校で身につけてほしいと思います。神戸電子なら、たくさんのプロが私たちの熱意に応えてくれますよ。自分のめざす目標に向かって、密度の濃い学校生活を過ごしてください!

神戸電子での2年間が私を成長させてくれました

大谷 あゆこさん

松濤アクターズギムナジウム所属/声優タレント学科/2008年3月卒/小学生の頃からミュージカルスクールに通い、歌やダンスのレッスンを受けていた大谷さん。「出演した舞台のビデオを見たとき、自分のイメージしていた声と実際の声が違うことに違和感を持っていた」という。声優をめざすきっかけは、そんな時にアニメとゲームに出会ったこと。声を使って多彩な演技ができる声優の仕事に興味を持ち、「自分も声優として仕事をしたい!」と神戸電子へ進学した。その後、現在の事務所に合格し、ジュニア候補生として上京。日々のレッスンに励む中でも常に初心を忘れず、笑顔でいることを大切にしている。アニメ出演実績「妖狐×僕SS」「織田信奈の野望」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

神戸電子専門学校(専修学校/兵庫)