• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 兵庫
  • 神戸電子専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 吉原 達雄先生(音響・照明・ライブ)

こんな先生・教授から学べます

サウンド業界で活躍する音響・照明のプロを育てる先生

音響・照明・ライブ
サウンドテクニック学科 
吉原 達雄先生
先生の取組み内容

スマートフォン・タブレット・インターネットが当たり前のデジタルネイティブ世代が、これからの時代を支えていくことになる中、逆に人々にとっては「リアル」な体験が貴重になっていくと考えられます。
「表現」を余すことなく伝えることは、インターネット内にとどまることはありません。地球規模で様々な野外コンサートやフェスティバルなどが開催され、それらの人気はどんどん拡大しています。こうした中、私を含め、サウンドテクニック学科全体で大切にしていることは、「リアル」なコミュニケーションです。授業では、音や光を使って、人々に「感動」を伝えることを重視しています。今まで培われてきた「現場」のノウハウとワークフローを元に最先端の技術を利用して、今まで表現することができなかった「新しい体験」を伝える力を養います。

時代の変化、人の嗜好の変化に沿った新しくリアルな表現を直接学ぶ

授業・ゼミの雰囲気

プロと同様の音響・照明・映像機器に実際に触れ、体験する学び

プロのコンサートやライブで使用する音響ミキサーや調光卓、ビデオカメラなどに実際に触れて学ぶスタイルが吉原先生の体験授業の特長です。「リアルな現場を体験してもらう中で、皆さんには、“人々に「感動」を伝える仕事の第一歩を踏み出した!”と感じてもらえたらうれしいですし、励みなりますね」と吉原先生。先生自身がライブ・コンサートの舞台裏やTV番組制作などのサウンド分野で経験してきた知識やノウハウなど、将来現場で活かせることを惜しみなく教えてくれる環境では、プロとしての未来がハッキリと見えてくるはずです。

サウンド業界で使われる様々な機器に触れ、使い方の理解も深まる

キミへのメッセージ

「聴覚・視覚」を同調させ、「感動」を体験できる技術を伝えます

私の授業では、アナログ・デジタルのハイブリッド方式で、人々に求められる本当に大切な表現とは何かを常に探求しています。今後の新しい未来を支えていきたいと考えている学生諸君に熱意を持って伝えていきます。

サウンド業界での豊富な経験から、学生の将来に役立つ技術を教えてくれる

吉原 達雄先生

専門:音響・照明・ライブ
神戸芸術工科大学 環境デザイン学科卒業後、業界でメディア制作、イベント企画、業務用映像音響機器管理、スタジオ設計などの経験を積む。2008年からは産学連携プロジェクトとして設立された研究施設・大阪電気通信大学 先端マルチメディア合同研究所において音像・映像スタジオ業務を経験。2010年から神戸電子専門学校の教員に。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

神戸電子専門学校(専修学校/兵庫)