• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 神田外語学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 外崎 佑佳さん(国際エアライン科 グランドスタッフコース/空港業務スタッフ(グランドスタッフ))

東京都認可/専修学校/東京

カンダガイゴガクイン

達成感とともに一日を終えることができる仕事です。

先輩の仕事紹介

このお客様が自分の家族だったら?…そこから得られる「気づき」を大切にしています!

空港業務スタッフ(グランドスタッフ)
国際エアライン科グランドスタッフコース/2006年3月卒業
外崎 佑佳さん

この仕事の魅力・やりがい

この仕事に就き10年目を迎え、搭乗手続きや案内のほかに、出発便のコントロールという、責任の大きな仕事も担当しています。ずっと変わらないのは、さまざまなお客様と出会える喜び。毎日多くの方が羽田空港を利用していますが、ご高齢の方にはゆっくり説明をしたり、ビジネスでご利用の方には素早く手続きをするなど、相手に合わせた接客を心掛けています。目の前のお客様のニーズにしっかりと応えられたときはとてもうれしいですね。お客様の立場や状況に合わせたサービスのために大切なことが「気づき」。お客様が自分の家族だったらと想像したり、自分の海外旅行の経験を生かすことで、お客様が求めていることに気づくことができます。

学校で学んだこと・学生時代

神田外語学院を選んだのは、グランドスタッフになる夢を実現させてくれる授業や先生が揃っていたから。実際に、エアライン業界での実績が豊かな先生はとても心強い存在でした。緊張感いっぱいの模擬面接の授業では、自分自身のことを知ることから始まり、ものすごいプレッシャーの中でアピール。人前で話すのは苦手なはずだったのに、本番の面接が楽に感じました。また、先生自身の経験談もいろいろと話してくださったことで、航空業界で働く心構えができました。今の職場でも、接客の研修などがありますが、立ち居振る舞い、身だしなみ、言葉づかいなど、誰にも負けないぐらい自信があるのは、学生時代にしっかり身につけたおかげだと思います。

一つひとつの作業に心を込めています。

業界ココだけ話!

羽田空港を利用する外国人のお客様の数は増えており、いろいろな国の方が日本各地をまわっています。国内線でも英語を日常的に使っています。神田外語学院では、外国人の先生が多く、外国のような環境で学んだ経験が今に活かされています。面白いのは、日本国内を旅行する外国人のお客様の中には、日本語を使いたいと思っている方が少なくないこと。そのようなときには、搭乗手続きの際に簡単な日本語で声をおかけしています。カタコトの日本語で答えることができたお客様はとてもうれしそうな表情をします。外国人のお客様とのコミュニケーションに大切なのは、外国語だけではありません。やはり、相手のことを察する「気づき」だと思います。

お客様に自分から声をかけることを大切にしています。

【関わる人の「ありがとう」】を大事に働く先輩のインタビュー動画をチェック!

 

外崎 佑佳さん

JALスカイ勤務/国際エアライン科グランドスタッフコース/2006年3月卒業/「つらいことがあっても眠って翌日になると忘れてしまう性格なんです」と外崎さん。一便一便の飛行機を無事に出発させるまでには、さまざまな出来事が起こり、その度に適切な対応が求められる。「どんなに大変な一日だったとしても、次の日はまた新しい一日が始まる。それがグランドスタッフという仕事。毎日充実していますし、楽観的な自分にはぴったりだと感じています」。また、一緒に働く仲間にも恵まれているという。「みんな、私と同じように、物事にくよくよしないし、旅行が大好きな人たちです。楽しい仲間と共に頑張れる、この職場をとても気に入っています」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
神田外語学院(専修学校/東京)