• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 神田外語学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 大木麗星さん(国際ホテル科/ホテルレストランスタッフ)

勉強のために他のホテルを巡ることもあります

先輩の仕事紹介

このホテルには外国人のお客様が多く、毎日、英語を使っておもてなしをしています。

ホテルレストランスタッフ
国際ホテル科/2018年3月卒
大木麗星さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

コンラッド東京内の中国料理レストラン「チャイナブルー」でレセプションを担当しています。外資系ホテルのため、外国人のお客様がとても多く、普段使用する言語の約8割は英語です。神田外語学院では、外国人の先生から日常的な英会話を学び、国際ホテル科では丁寧なホテル英語を習ったことが役立っています。ホテルの仕事の魅力はお客様とのコミュニケーション。例えば、食事の際にお茶の効能を伝えてさしあげると、外国人のお客様は大変喜ばれます。お客様に知識を提供することもサービスだと思います。今は、ワインや日本茶の知識を増やすことに取り組んでいます。ホテルの仕事は、自分の努力次第でいくらでも成長できます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

もともと英語を使った仕事に就きたいと思っていました。また、子どものころから家族で海外旅行に行く機会が多く、ホテルをよく利用しており、海外のホテルの雰囲気がとても好きでした。自分の進路を考えると、英語とホテルが自然と結びつきました。就職活動の際は、外資系ホテルを希望しており、中でもコンラッド東京は、第一志望だったホテルです。学生時代はいろいろなホテルを見学しましたが、コンラッド東京を訪れた時は、スタッフの方から気軽に声を掛けていただき、ラグジュアリーホテルでありながら、アットホームな雰囲気があり、ここで働きたいと思いました。今は、私自身がスタッフの立場で、お客様にあたたかい接客を心がけています。

お客様の立場に立ってふるまうことが大事です

学校で学んだこと・学生時代

国際ホテル科の授業では、ホテル内にいろいろな職種の人がいて、みんなが連携し、協力し合いながら働いていることを知りすごいと思いました。また、授業でホテルについて学ぶとともに、自分に合うホテルを見つけようといろいろな場所に見学に訪れました。ホテルによって空気感も雰囲気もまったく異なることにも気づき、興味がさらにわきました。英語に関しては、子どものころから英会話教室に通っていたのでリスニングは得意でしたが、英語で話すことに慣れたのは神田外語学院のおかげです。外国人の先生とのフランクな会話を楽しんだり、短期留学を通して使える英語力が身につきました。何より向上心の高い仲間が今も刺激になっています。

大木麗星さん

コンラッド東京/国際ホテル科/2018年3月卒/ワインで使われているぶどうの品種を調べたり、お茶屋さんに寄る時はお店の人に質問をするなど、知識を高めるための努力を欠かさない大木さん。それはお客様に喜んでいただくためだ。「ホテルスタッフがサービスをしている時の姿はとてもかっこいいと思います」。飲み物をついだり、料理の説明をしたり、素晴らしいパフォーマンスもお客様へのサービスだという。「このホテルには常連のお客様が多くいらっしゃることもやりがいになっています」。サービスについてさらに学んで、エグゼクティブラウンジでお客様をおもてなしすることが目標だ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
神田外語学院(専修学校/東京)
RECRUIT