• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 神田外語学院
  • 先生・教授一覧
  • Adrian Barnaby 先生(語学(英語))

こんな先生・教授から学べます

日常会話の中で「英語スイッチ」をONにしてくれる先生

語学(英語)
英語専攻科 
Adrian Barnaby 先生
先生の取組み内容

モデルとしても活動しているので、オシャレ好きな学生と海外のファッションの話で盛り上がることもあります。自分の好きなこと、興味のある話題だと、より相手と話をしたいという気持ちが強くなるものです。ですから他にも、海外のドラマや映画、音楽の話もよくします。出身のバミューダの話に興味を持つ学生も多いですね。私自身、普段、ネイティブスピーカーの友だちと話すことを、日本の学生たちとも普通に話したいんです。こういうことを積み重ねて、英語に慣れてくることが大切だと思っています。私にとって、先生は絶対的な存在ではなく、学生とお互いに学び合う関係でいたいのです。興味のある話題から入って、学生が「英語で話したい」と自主的に思えるような環境をつくっています。あとはその機会を利用するかどうかは学生次第なのです。

授業で心がけていることは、学生たちにリラックスしてもらうこと。

授業・ゼミの雰囲気

学生の頭の「英語スイッチ」をONにしてから、授業開始。

Adrian先生が担当するEIC(国際コミュニケーション英語)は、英語で英語を学ぶ授業。2年制課程の学生は必修科目として受講できます(一部学科はのぞく)。授業中は日本語の使用禁止。レベル別に分かれた20名以下の少人数クラスで英語力をみがきます。いきなり教科書を使った授業には入らないのが、Adrian先生の授業の特色。まずは学生の生活について質問。これは学生の頭の「英語スイッチ」をONにするためのウォームアップ。その後、旬な話題と授業の内容をリンクさせていくことで学生の興味を持続させています。

学生が自主的に英語を話したくなるように、身近な話題から授業に入ります。

キミへのメッセージ

神田外語学院の環境や機会を有効に使って英語力を伸ばそう!

Take advantage of these opportunities, and you'll be surprised how much your skills will grow. Study hard, work hard, and believe in the magic of your dream to speak English fluently.

Adrian Barnaby 先生

専門:EIC(English for International Communication)=国際コミュニケーション英語
出身地のバミューダは、ニューヨークからほど近い、面積約53平方キロメートルの小島。海がきれいなこの島の人たちは、とてもフレンドリー。先生は今、モデルとしても活躍中。街で先生が大きなポスターになっているのを見てびっくりする学生もいる。校内で気軽に「カッコイイ帽子だね!」「素敵なバッグ!」などと学生に声をかけてくれる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

神田外語学院(専修学校/東京)