• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 西日本調理製菓専門学校
  • 在校生レポート一覧
  • 藤原 妃那さん(パティシエ・ブランジェ科)

岡山県認可/専修学校/岡山

ニシニホンチョウリセイカセンモンガッコウ

カフェ経営実習

右へ
左へ

スイーツの製造・販売から、カフェの経営までをすべて学生が企画・実施

パティシエ・ブランジェ科の2年生がカフェオーナーとして腕をふるうカフェ“Happy×Happy”で、カフェ経営実習を実施。今回の実習では接客を担当した藤原 妃那さんにお話をお聞きしました。

製菓知識・技術を学ぶ
パティシエ・ブランジェ科
(2017年入学)
藤原 妃那さん
  • 岡山県 高松農業高校 卒
「美味しい」という声と笑顔に、パティシエの仕事の魅力を実感

お客さまにとって快い接客とは?自分たちにできることを深く話し合いました

ドリップで大切なのは“蒸らし”。最後の一滴の美味しさを意識

スイーツが美味しく、美しく見える角度を考えながら陳列ケースへ

初めてのカフェ経営実習。「お客さまに喜んでいただくために、私たちに何ができるか?」「コーヒーを上手にドリップできるか?絶品ラテに仕上げるには?」など課題はたくさんありました。だからこそみんなで団結して取り組むことが大切だと考え、接客担当で集まって議論を重ねたり、クラスメイトをお客さまに見立てて接客を練習したりドリンクを評価してもらうなど、一つひとつ丁寧に取り組みました。

培った製菓の知識・技術をフル活用し、ケーキの製造・販売・接客を行います

お客さまにとって快い接客とは何か。常に考えながら応対しました

お客さまの「美味しい!」という声と笑顔が、一番のご褒美です

今回の実習では、学園内の教職員や学生がお客さま。ここで大量製造や接客のノウハウを身につけ、後日行われる一般のお客さまを対象にしたカフェ経営実習へとつなげます。コーヒーのドリップからカフェラテ、紅茶などは学生が一から淹れ、季節のフルーツをたっぷり使ったケーキも、これまでの実習で培った知識・技術を活用して製造。私は接客担当として、お客さまが心地よい時間を過ごせるよう丁寧な言葉遣いや笑顔を心がけました。

お客さまと間近に接して、「美味しかった」という声をいただく幸せを実感!

終了後のミーティングでは、接客担当全員で振り返りを行いました

アンケートには、笑顔や丁寧な接客を評価してくださる嬉しい声も

お客さま一人ひとりに寄り添った接客の奥深さと楽しさ、難しさを実感しました。次のカフェ経営実習では、もっと上質なおもてなしができるようになりたいですね。接客は、お客さまの一番近くでお客さまの声を聞き「美味しかった」という笑顔を直接いただける仕事。実際にお客さまと接することで、美味しいスイーツで笑顔を生み出す「パティシエ」という職業がとても幸せに満ちた、やりがいある仕事だと再認識することができました。

先生からのメッセージ

  • 杉 伸一先生/担当分野:洋菓子

カフェ経営実習をはじめ、本校では現場力を身につけるための実習を数多く用意しています。1回目では上手くできなかったことも、2回、3回と回数を重ね、根気よく取り組むことで確かな実力として身につきますよ。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

西日本調理製菓専門学校(専修学校/岡山)