• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • JTBトラベル&ホテルカレッジ
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 国際観光ビジネス デュアル科(夜間部)

東京都認可/専修学校/東京

ジェイティービートラベルアンドホテルカレッジ

国際観光ビジネス デュアル科(夜間部)

定員数:
40人 (夜間部合計)

働きながら学び・学びながら働くデュアル科

学べる学問
  • 観光学

    文化交流やビジネスの側面を持つ観光の研究を通じて、観光業で必要とされる知識や技術を学ぶ

    観光地計画・観光事業経営・観光文化などの分野がある。観光の理論から、ホテル業、旅行業などの実務的な知識も学べる。

目指せる仕事
  • 営業

    商品や企画を売るため、企業の最前線で活躍する

    取引先の開拓と、営業活動を行う。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなる。

  • ツアーコンダクター

    楽しく安全な旅をナビゲートするサポート役

    ツアーコンダクターは添乗員とも呼ばれ、旅行会社のパッケージツアーなどに添乗して出発から解散までの間、旅程を見守る現場責任者です。スケジュールの管理、交通手段や宿泊先、食事などの予約確認や調整、海外であれば出入国手続きのサポートを行い、すべての参加者に楽しい思い出をもち帰ってもらえるように力を尽くします。ツアーコンダクターに必要な資格は旅行業法で定められており、国内ツアーに添乗する場合は国内旅程管理主任者、海外でも添乗業務を務めるには、総合旅程管理主任者の資格が必要です。

  • ツアープランナー

    様々なニーズに対応した旅行の企画を立てる

    パック旅行の企画はもちろん、個人の旅行コースの相談にのり、個性的な旅を演出するのが仕事。飛行機やホテルの予約手続きはもちろん、見たいお芝居や、行きたいレストランなど、こまかい要望を聞きながら、安心して旅行できるように段取りし、手配する。

  • 観光局スタッフ・地域コーディネーター

    各国の観光局で観光案内を行う

    観光局スタッフは、各国の窓口となり、政府に代わって観光案内を行う。情報収集や本国とのやり取りがあるため、その国の語学が堪能であることは必須。メディアに対してPRすることも重要な仕事だ。地域コーディネーターは、まちづくりのキーパーソンとして、地域の課題を探り出し、地元のヒトやモノを結びつける新たな事業を生み出していく仕事。たとえば、地元の若者と企業をつなぐインターンシップ事業や地域独自の観光資源を生かした新たなツアーの企画など、さまざまな取り組みが実践されている。

  • ランドオペレーター

    旅行者に現地で地域に密着したガイドをする

    海外に住み、日本人観光客を相手に土地の観光案内やホテルやレストランの手配などをする。ただの観光という以上に訪れた国の文化や習慣が日本とどう違うのかなど、肌の温度で楽しめる旅行となるようなガイドをすべく努める。現地に住むので、堪能な語学力を有する。また、現地の人に溶け込める柔軟性が必要。

  • 旅行代理店販売・営業

    行く先の相談から出発の手続きまで、旅のお手伝いをする営業職

    旅行会社の窓口スタッフや営業担当として、個人や企業・学校などの顧客に対し、旅行プランの提案・販売を行う。単なる販売職ではなく、顧客の目的や要望、嗜好、予算などをしっかりと聞いて、ニーズに合ったプランを提案するコンサルタント的な役割も担う。そのほか、宿泊施設や乗物の予約、保険手続きなど、安全で快適な旅に向けた準備のお手伝いも大切な仕事。国内外の観光地に関する幅広い知識や旅行・交通に関する専門的な知識が求められる。

  • テーマパークスタッフ

    夢を与えるテーマパークの顔として接客する

    各地にあるテーマパークの中で働くスタッフ。受付案内や切符販売、乗り物を動かしたり、誘導したり、人員整理を行ったり、飲食物を販売したりと、各テーマパークによって仕事内容はさまざま。ただしどの仕事においても、そのテーマパークのスタッフとしてのイメージを崩さないことが大事。

  • 海外現地ガイド

    海外に在住し、生活や文化に関する豊富な知識で、旅行客を観光案内する

    海外に在住して旅行客の空港への送迎や観光案内をする仕事。旅行契約内容に合わせてコースを組んだり、オプショナルツアーを紹介したりすることもある。旅行代理店との契約でツアー客を相手にするケースもあれば、個人旅行客にガイドとして雇われるケースもある。現地の歴史、文化、生活に関する詳しい知識、お客さんのさまざまな希望を受け止められる柔軟さが必要。

  • 空港業務スタッフ(グランドスタッフ)

    発券から手続き、搭乗案内など空港内サービス

    空港カウンターでの乗客サービスが主な仕事。旅客案内や誘導・整理など飛行機に乗るまでと、到着後はロビーに送り出すまでの業務を行う。搭乗手続きや手荷物の受付、パスポート・ビザの確認、言葉に困っている人の案内役をつとめるなど仕事内容は幅広い。

  • 鉄道・船舶パーサー・車掌

    列車・客船の乗客係として、さまざまなサービスを提供する

    鉄道や客船内で、乗客向けに案内や手続き、緊急時の誘導などを行う仕事。鉄道では発停車の安全確認、雑誌・新聞サービス、車内アナウンス、客船では乗下船の際の窓口業務、入国手続きといった事務など、多種多様なサービスをこなす。

初年度納入金:2018年度納入金 68万7000円  (教科書代等は別途必要になります)
年限:2年制

学科の特長

カリキュラム

昼間はJTBグループ・ホテルなどで働き、夜は学校で学習!まさに無駄のないスタイルです
昼間はJTBグループ・ホテルなど観光産業と関わる会社などで働き、夜は同じ目的を持つ仲間と一緒に学ぶ学科です。企業実習先は学校が紹介。1年次に国家資格の「国内旅行業務取扱管理者/総合旅行業務取扱管理者」資格のダブル受験にチャレンジします。

実習

働きながら学ぶ「企業実習」を単位として認定
企業実習先としてJTBグループなどの観光産業と関わる会社などを紹介。企業実習は卒業単位として認定され、卒業時に専門士の称号も得られます。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    ツアープランナーを目指し、実習と学習の充実した毎日を過ごしています

    昼間はJTBグループでの企業実習で、現場の実際を学ぶことができ、収入も得られ、夜間は、学校で授業というシステムが一番の決め手でした。実習では、責任ある仕事をやらせてもらえるのもやりがいがありますね。

    JTBトラベル&ホテルカレッジの学生

卒業後

実績が物語る、希望者就職率!卒業生はJTBグループをはじめ、多くの有名企業で活躍しています
2017年3月卒業生夜間部の就職実績。JTB首都圏、JTB関西、JTB国内旅行企画、JTBビジネストラベルソリューションズ、JTBグランドツアー&サービス、PTS,JTB印刷、IACEトラベル、TEI、トラベルプラザインターナショナル、東京地下鉄、ANAエアポートサービスほか

教育目標

旅行業界が求める即戦力となる人材の育成
国家資格取得のための授業、ビジネスマナーや自己PR能力・コミュニケーション能力を磨く授業、航空予約システム「AXESS」などの機械操作授業など観光産業で必要な能力を学びます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 総合旅行業務取扱管理者<国> 、
    • 国内旅行業務取扱管理者<国> 、
    • 実用英語技能検定 、
    • 旅行地理検定 、
    • AXESS実用検定 、
    • コンピュータサービス技能評価試験

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職希望者201名 )

主な就職先/内定先

    JTB首都圏 、 JTB関東 、 JTB東北 、 JTBビジネスネットワーク、JTBワールドバケーションズ 、 JTBコーポレートセールス、JTB国内旅行企画 、 JTBグローバルマーケティング&トラベル 、 JTBメディアリテーリング、JTBビジネストラベルソリューションズ 、 JTBガイアレック 、 i.JTB ほか

※ 2017年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3-2-12
フリーダイヤル0120-187-283(携帯、PHSから可)
jtc@jtb-college.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都豊島区巣鴨3-2-12 JR「巣鴨」駅から徒歩 5分
地下鉄都営三田線「巣鴨」駅より徒歩 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース