• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 岩手
  • 上野法律ビジネス専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 行政学科
  • 初級公務員コース

上野法律ビジネス専門学校 行政学科 初級公務員コース

1年間で公務員(高卒程度)試験の合格をめざす

学べる学問
  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 警察官

    日々の防犯活動と、事件・事故の迅速な解決が要。人々の生活と安全を守る

    社会の治安を守るために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行う。警察官には、巡査、巡査長、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監といった階級がある。

  • 消防士

    火災や災害の現場で人命を守り、防災にも努める

    火災から人命、財産を守るとともに火災、水難、地震などの災害による被害を極力軽減し、予防にも力を注ぐ。建設物の防災上の安全確保の検査、ガソリンスタンドなどの危険物施設の許可行政、危険物取扱者に対する指導などもその仕事の一つ。

  • 刑務官

    服役中の人たちの生活指導や職業訓練に当たる

    刑務所や少年刑務所、拘置所などで、収容されている人たちに生活指導を行ったり、職業訓練指導を行う。施設の管理や保安・警備なども仕事の一つだ。

  • 国税専門官

    調査・指導で適正な納税を促す

    適正な納税額が申告されているか調査・検査を行う国税調査官、納期限までに納付されていない税金の催促や滞納処分を行う国税徴収官、悪質な脱税嫌疑者の家宅捜査など強制捜査を行い告発する国税査察官に分かれる。納税者の正しい申告についての指導も行う。

  • 入国審査官

    国際空港などで、不法入国などがないよう管理する

    全国の入国管理局や空港などで、入国審査を行う。外国からの不法入国者やパスポートの不備、ビザの有無などチェック管理や、法律に反する荷物の持ち込みなどを防ぐ監視役。

  • 自衛官

    日本の領土と国民を守り、国際社会の平和を担うプロ集団

    自衛官は、日本の領土、領海、領空を守ることを使命とした職業です。外部勢力から国を守る防衛、大規模災害などの事態への対処、国連平和協力活動(PKO)に代表される国際貢献がおもな任務です。防衛省の実動組織としての自衛隊には、陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊の3つの組織があり、自衛官を志す人は、いずれかを志望先として選択することになります。高校卒業後の進路には、自衛隊の中核となる一般曹候補生、2年または3年の期間限定で勤務する自衛官候補生があります。さらに防衛省には、幹部自衛官を養成する機関があり、国家公務員の業務として学業に臨むコースもあります。

  • 検察事務官

    検察庁で検察官をサポートする国家公務員

    殺人、強盗、器物損壊、贈収賄など、さまざまな事件が日々起きています。犯罪や事件を詳しく調べて、被疑者を裁判にかけるか否かを決める役割の検察官(検事)をサポートするのが、検察事務官の仕事です。不正を許さない正義感や、社会、国の治安や秩序を守るという使命感が求められる職業です。検察事務官になるには、人事院が行う国家公務員試験に合格し、全国各地にある検察庁に採用される必要があります。

  • 裁判所事務官

    裁判のスムーズな進行と、裁判所の運営を事務面からサポート

    裁判所事務官は、司法にまつわる事務のエキスパートです。裁判所の組織は「裁判部門(裁判部)」と「司法行政部門(事務局)」の2つに分けられ、それぞれの部門で裁判所事務官が活躍しています。裁判部門の裁判所事務官は裁判所書記官のもとで各種裁判事務を担当し、司法行政部門の裁判所事務官は事務局で裁判所の運営に必要な、人事や会計などの事務を担当します。仕事内容はそれぞれ異なりますが、いずれも裁判および裁判所を支える縁の下の力もちと言えるでしょう。裁判所事務官になるには、裁判所が実施する「裁判所職員採用試験」に合格することが必要です。給与水準や待遇面は国家公務員と同等であることから、志望者は多く、採用試験の競争率は非常に高くなっています。

初年度納入金:2022年度納入金 76万円  (別途、演習費・各種検定受験料・諸活動費が必要)
年限:1年制

上野法律ビジネス専門学校 行政学科 初級公務員コースの学科の特長

行政学科 初級公務員コースの学ぶ内容

初級公務員試験の最短合格をめざす!
高校新卒者向けの初級公務員コースでは、試験において得点源となる判断推理・数的推理を中心に確かな教養を効率良く学習していきます。公務員試験終了後は、コンピュータや簿記など、実務に役立つ資格取得に取り組み、卒業時には即戦力として活躍できる知識と実力が定着する内容となっています。

行政学科 初級公務員コースのカリキュラム

短期間で合格をめざせるカリキュラム!しっかりと得点につなげる
公務員試験は9月が本番なので、入学後は約半年で合格をめざすことになります。したがって、法律行政学科(2年制)よりも授業スピードが速いのが特徴です。長年のノウハウから導き出された頻出ポイントを押さえ、短期間での公務員試験合格をめざします。

行政学科 初級公務員コースの卒業後

公務員1次試験合格率97.3%、最終試験合格率は92.7%
2021年3月卒業生の公務員試験合格実績は、学校全体で1次試験合格率97.3%(合格者110名)、最終試験合格率92.7%(合格者101名)と全国で見てもトップレベル。卒業生は岩手県内のみならず、東北や首都圏など全国各地で、国家公務員・地方公務員・警察官・消防士など、公務員として活躍しています。

行政学科 初級公務員コースのクチコミ

短期集中で公務員合格をめざす!
このコースに入学している8割以上の方が、高校時代公務員試験に挑戦しており、“公務員試験経験者”が多いことが特徴です。また、約半年という短い期間で公務員試験合格をめざすせいか、短期集中型の学生が多く、勉強と遊びのメリハリがしっかりしているのが特徴です。

上野法律ビジネス専門学校 行政学科 初級公務員コースの学べる学問

上野法律ビジネス専門学校 行政学科 初級公務員コースの目指せる仕事

上野法律ビジネス専門学校 行政学科 初級公務員コースの資格 

行政学科 初級公務員コースの目標とする資格

    • Excel(R)表計算処理技能認定試験 (3級) 、
    • 秘書検定 (3級) 、
    • 日本漢字能力検定 (2級)

    全経計算実務能力検定(2級) ほか

上野法律ビジネス専門学校 行政学科 初級公務員コースの就職率・卒業後の進路 

行政学科 初級公務員コースの主な就職先/内定先

    【初級】外務省、防衛省、防衛装備庁、関東運輸局、東京税関、東京地方検察庁、税務職員(関東)、岩手県職員III種、青森県職員初級、盛岡市職員初級、久慈市職員初級、大曲仙北広域市町村圏組合、盛岡消防、北上消防、中部上北消防、仙台消防、東京消防、岩手県警察官B、北海道警察官B、刑務官A(東北)、海上保安学校学生 ほか

※ 2021年3月卒業生実績

上野法律ビジネス専門学校 行政学科 初級公務員コースの問い合わせ先・所在地・アクセス

〒020-0063 岩手県盛岡市材木町12-15
TEL:019-623-1730
E-mail jimukyoku@ueno.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
岩手県盛岡市材木町12-15 「盛岡」駅から徒歩 11分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース
  • 公務員大卒・既卒向コース

RECRUIT