• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 静岡
  • 川口調理師専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 中村 佳生さん(専門課程/調理師)

調理前に食材を説明することも大切な仕事です

先輩の仕事紹介

カウンター越しに見られる、お客様の喜んでいる表情が何よりのやりがいです!

調理師
専門課程 卒/2015年卒
中村 佳生さん

この仕事の魅力・やりがい

山中湖に近い、会員制リゾートホテルのエクシブ山中湖で働いています。入社して最初の一年は和食店でフルーツをカットして盛り付けるデザートを担当しました。二年目に同じ店舗内で鉄板焼きの焼き手として働いています。店ではお客様一組に対して、一人の焼き手が付いてサービスを提供します。やっぱり醍醐味はカウンター越しに目の前で調理できること。喜んでもらえる姿を目の前で見られるし、「美味しいよ」といった言葉をダイレクトにかけてもらえるのがやりがいです。調理師としての知識、技術はもちろん接客も大切になります。話し方、そしてお客様が食べるスピードを考慮して、最善のタイミングで料理を提供することを心掛けています。

学校で学んだこと・学生時代

高校生の頃は工業系の勉強をしていました。でも、進路を決める際に「もっと違うことがしたい」、「大好きな料理に携わりたい」との思いが芽生えました。川口調理師専門学校では、和・洋・中の各ジャンルをまんべんなく勉強できました。学校は一年という短期間なので、アルバイトも許可制。思い返せば料理に集中して向き合えた学生時代でした。座学では栄養学や公衆衛生について知識を深めるのですが、教科書を家に持ち帰って予習・復習もしていましたね。一番思い出深いのは、やっぱり調理実習。楽しくて時間が経つのが早いんです。実習で身につけた玉子焼きを綺麗に巻く技術はいまでも自信があって、僕の特技のひとつです!

雄大な富士山を眺めて食事ができます

これからかなえたい夢・目標

いま、勤めている会社は川口調理師専門学校の先生に教えてもらって面接を受けました。「受け答えなどコミュニケーション能力が高いから、ぜひ受けた方がいい」と薦めてもらったんです。面接のエントリー段階で自分が好きな和食を希望して、希望通りの環境で働けています。焼き手はお客様のすぐ目の前で調理できる仕事。この経験が将来、必ず役に立つと思っています。僕自身、最終的な夢は自分の店を持つこと。鉄板焼きの店は周辺のロケーションも大切になるため店を出すことは難しいかも知れませんが、小さくても良いので大好きな和食を提供できる店をいつか始めたいです。日々、頑張れるのはその夢があるからですね。

上司、同僚は共に素敵な時間を演出する仲間

中村 佳生さん

エクシブ山中湖 和食厨房 鉄板焼き 花木鳥 勤務/専門課程 卒/2015年卒/小さい頃から大好きだったという調理師になった中村さん。一年制で学べて、いち早く社会人になれる点に惹かれて川口調理師専門学校を選びました。「僕と同じように調理師を志していて、早く働きたいという後輩のみんなに自信を持ってオススメできる学校です。同じ夢を持つ仲間とも出会え、それも財産になりました」。一年で調理師免許が取得できたことも自信につながったと振り返ります。中村さんが働く店は、窓から富士山が一望できる贅沢な空間が広がります。高級食材を使った鉄板焼きを、焼き手である中村さんの細やかな配慮が引きたてます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
川口調理師専門学校(専修学校/静岡)