• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 船橋情報ビジネス専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 中村 成実さん(情報処理科/システムエンジニア(SE))

千葉県認可/専修学校/千葉

フナバシジョウホウビジネスセンモンガッコウ

クライアントから信頼されるシステムエンジニアが目標

先輩の仕事紹介

「私がプログラムした通りに動いている!」サイトアップ日には、やっぱり感動します

システムエンジニア(SE)
情報処理科/2009年3月卒
中村 成実さん

この仕事の魅力・やりがい

企業の依頼を受けてWebサイトに新機能を追加したり、携帯からサイトを見えるように設定したりと、主にサイト改修の仕事をしています。プロジェクトごとに様々な企業に出向き、毎回違う業界を知ることができるので新鮮な気持ちで働くことができますね。一番印象に残っているのは、新規でサイトを立ち上げるプロジェクトで、プログラマのチームリーダーを任された時のこと。途中様々なトラブルが発生し、試行錯誤しながら解決策を探っていく日々は、今まで以上に大変でしたが、イチから作り上げる楽しさを知ることができました。実際にサイトがアップした時は本当に嬉しくて!自分達のプログラムした通りに動いていることに、改めて感動しました。

業界ココだけ話!

この仕事の面白いところは、今まで知らなかった世界を知ることができること。以前関わった仕事では、新しく発売される携帯電話のバグを見つけるために、実際に色々な機能を使ってみました。音楽を聴いたり、映像を見たり、操作性をチェックしたり。世の中に出る前の、新しい機能や商品に触れることができるのは楽しい経験でしたね。また、以前に競馬場のシステム開発に関わったことがあって、競馬場にも人生で初めて行きました。こうやって一つひとつ新たな知識が増えていくのもこの仕事の魅力です。IT技術は日々進歩していくので、どんなことにも興味を持ち、多くのプロジェクトを担当することで仕事の幅を広げていきたいです。

問題解決のためには仲間とのコミュニケーションも重要

学校で学んだこと・学生時代

資格を取りたいと思っていましたが、ひとりでは国家試験を受ける自信がなかったので、試験対策までしっかり授業でやってもらえることがよかったですね。基本情報技術者試験の国家試験前の1ヵ月間には直前対策があり、クラスメイトみんなで過去問題に取り組み、合格を目指しました。おかげで1年次で無事に合格。また、卒業研究ではグループに分かれてプログラム制作を行いました。先生をクライアント役に要望をヒアリングするところからスタート。私たちのグループは成績表を作るプログラムを作成しました。一年間かけて作ったプログラムなので思い入れも深いですし、卒業前に一連のプロジェクトの動きを理解できたのも、自信になりました。

働く今もプログラミング言語の勉強は継続中

中村 成実さん

IT関連会社勤務/情報処理科/2009年3月卒/中学生の頃パソコン部に所属し、中学3年生の頃に初めてHTMLを使ってホームページを作ったという中村さん。手先があまり器用ではなく、ものづくりは苦手という意識があったものの、パソコンでは思い描いた通りのものが出来上がることに“ものづくりの楽しさ”を発見し、システムエンジニアを目指したそう。「船橋情報ビジネス専門学校に入学したのは、体験入学に参加したことがきっかけです。新しくてキレイな校舎だったことに加えて、カリキュラムに多くの検定・資格取得が組み込まれていることもポイントでした。学校で学んできたことが、今の仕事でとても生かされています」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
船橋情報ビジネス専門学校(専修学校/千葉)