• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 創形美術学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 坂本 麻亜子さん(ビジュアルデザイン科/WEBデザイナー・クリエイター)

東京都認可/専修学校/東京

ソウケイビジュツガッコウ

学校で学んだノウハウが、とても役に立っています

先輩の仕事紹介

分野を探しに創形へ。1年次の授業を受けて、デザインの面白さに目覚めました

WEBデザイナー・クリエイター
ビジュアルデザイン科 グラフィックデザイン専攻 卒/2018年卒
坂本 麻亜子さん

この仕事の魅力・やりがい

会社に所属してWebデザイナーとして働いています。サイトのメインビジュアルやバナーをデザインするのが現在の主な仕事。取引先の希望を伺い、やり取りを重ねながら少しずつ形にしていきます。文章が自然に読めるか、美しく見えるか、文言の優先度は妥当か、飾り要素がマッチしているか…など悩みながら何パターンも試行錯誤し、最終的に気持ちよく整ったデザインが完成した時には、大きな達成感があります。自分がデザインしたものが公開されるのは嬉しいし、日々上達していくことも喜びです。先輩からの添削やアドバイスもだんだん少なくなり、「上手になったね」と褒めていただけたりすると、仕事ができるようになってきた実感が湧きます。

学校で学んだこと・学生時代

創形美術学校では2年次から専攻に分かれます。デザインを選んだ一番の理由は、自分がやったことのない未知の領域だから。1年次のデザインの授業に刺激されたことも大きいです。お気に入りのアイテムをロゴにする課題で、もともとのデザインの大事なところを残しつつ余分な要素を削っていく、というのが面白く、例として出された作品も格好良かったので「やってみたい!」と思いました。学校で学んだことで役に立っているのは、「どういう意図で制作したのかが説明できるように考えてデザインする」こと。授業ではコンセプトをしっかり立てることを教わりましたし、「なんでそうしたの?」と何度も聞かれていたので、考える癖がつきました。

意図を考えてデザインすることが大切

分野選びの視点・アドバイス

分野を選ぶときは、自分がその仕事をしている姿をイメージしてみることをおすすめします。楽しく働いている姿が想像できたら、真剣に考えてみてもいいかもしれません。嫌なことを仕事にしても、仕方がないですから。学ぶ環境が自分に合っているかも重要。私は、大勢の人と一緒に学ぶよりも、少人数で先生と話しやすい環境で学ぶほうが合っている、と思います。しかもこの学校では、デザイナーやタイポグラファーなどとして現役で活躍している先生方が忙しい時間を割いて指導してくださるので、現場の目線や感覚をじっくり学ぶことができました。オープンキャンパスの体験実習でもそれが実感できると思うので、ぜひ行ってみてください。

仕事のスキルが上がっていくことが嬉しい!

坂本 麻亜子さん

株式会社あとらす二十一/ビジュアルデザイン科 グラフィックデザイン専攻 卒/2018年卒/高校では文芸部に所属。毎月のように発行していた冊子に漫画を描いて載せているうち、クリエイティブな分野への進学を考えるように。はじめは漠然と「マンガとかイラストとか、絵を描いて暮らしたい」と考えていたが、母親から「最初から道を狭くしてしまうよりも、いろんな分野を知ってから決めたほうがいいんじゃない?」とアドバイスをもらい、1年次にたくさんの分野に触れることができる創形美術学校に進学。授業の中でデザインの面白さに目覚め、現職を志した。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
創形美術学校(専修学校/東京)