• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 創形美術学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 堀 明美さん(ビジュアルデザイン科/エディトリアルデザイナー)

書籍や冊子のデザインを手がけます

先輩の仕事紹介

クライアントの要求に応えられるようにチャレンジ!大きな達成感のある仕事です

エディトリアルデザイナー
ビジュアルデザイン科卒/2019年卒
堀 明美さん

この仕事の魅力・やりがい

私の勤務している会社では、主に「エディトリアルデザイン」と呼ばれる書籍や冊子のデザインを手がけています。他にもブランディングのサポートやウェブ制作まで、デザインが関係する仕事を幅広く扱っています。私はアシスタントデザイナーとして書籍・冊子のデザインのサポートを主に担当しています。自分が「これだ」と思ったデザインをクライアントに気に入ってもらえないこともありますが、相手の要求に応えられるように改めてチャレンジして、今度は「良いね」と言ってもらえた時の達成感は大きいです。私が作ったロゴマークが初めて採用された時は、自分が作ったものが人の役に立てることが本当に嬉しかったですね。

この分野・仕事を選んだきっかけ

元々絵を描くことが好きで、よく描いたりしていて、まずは絵の勉強ができる学校に行こうと決心しました。進学情報誌で創形美術学校のページを見て「ここだ!」と思い、早速学校見学に行ったんです。アットホームな雰囲気に惹かれ、進学を決めました。実際、創形は先生との距離が近く、卒業後の進路については「もし将来絵を仕事にするなら、デザイン会社に入って経験を積んでみるといいよ」とアドバイスをいただき、現在の会社を薦めていただきました。今の職場は、社長と初めてお話しした時「ここにいたい」と思える安心感があったんです。また、イラストを描く機会もあるので経験が活かせると思い、お世話になることにしました。

社長をはじめ安心感を与えてくれる同僚と働いています

学校で学んだこと・学生時代

実際にプロのデザイナーやイラストレーターとして働いている先生方に教えていただけるから説得力がありました。それだけでなく、先生方が一人ひとりの個性を大事にしてくださることが本当にありがたかったです。「あなたにはこういう個性がある」と指摘してくれたり、私自身もわかっていなかった自分の絵の良いところを見つけてくれます。「こうすればもっと良くなる」というアドバイスを取り入れたら、次第に自分の作品の色が見えてきて絵を描くのがもっと楽しくなりました。同級生も才能のある人たちばかりでしたから触発されましたし、学生同士でアドバイスをし合ったり、興味のある展示を一緒に観に行ったりと良い関係を作れました。

学生時代の学びが今の私の「個性」を作りました

堀 明美さん

(株)デザインコンビビア勤務/ビジュアルデザイン科卒/2019年卒/(株)デザインコンビビア勤務のアシスタントデザイナーとして、書籍や冊子のデザインのサポートおよび、新入社員ながらこれまで学んできたことを活かせるロゴマークの制作にも従事。仕事上での目標について「将来はなんでも任せられるような存在になりたいです。今は先輩の良いところを吸収しつつ、与えられた仕事に全力で取り組んでいます」と語る。この分野を目指す後輩達にも「いろんな場所に足を運び、また尊敬している人に近づき、熱心に勉強してください」とメッセージをくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
創形美術学校(専修学校/東京)